まいどさん

まいどさん 外装
まいどさん 外装まいどさん 開封した写真まいどさん 中身の写真

まいどさんとは?

「まいどさん」

金沢弁で「こんにちは」という意味がある言葉です。

ところで、兼六園をはじめとする数多くの観光名所のある金沢。

ここにはボランティアでガイドをされている方がたくさんいるのをご存知ですか?

いろんなボランティアガイドの団体があるのですが、その中でも金沢市内を色々と案内してくれるのが「まいどさん」という団体です。

「まいどさん」は金沢の親しみのある言葉なのです。

今回ご紹介するお菓子「まいどさん」は、そんな親しみのある言葉をイメージした洋風のお饅頭。

こんがりと焼き上げられたお饅頭の中にはたっぷりのミルク餡が詰まっています。

ミルクの濃厚な香りとおいしさを是非味わってみてください。

和菓子ではありますが、洋菓子の材料もふんだんに使われているので和菓子が苦手な人もおいしく食べられるはず。

以下、2種類のラインアップがあります。

  • 5箱:702円
  • 10個入り:1,404円

ボランティアガイド「まいどさん」

せっかくなので少しだけボランティアガイド「まいどさん」についてもご紹介しておきましょう。

金沢観光ボランティアガイドの会「まいどさん」が設立されたのは平成6年4月。

現在は300人を超える方々がボランティアガイドとして活躍されています。

金沢観光に迷っている人は、観光コースの相談にものってもらえるのだそう。

金沢を知り尽くしたガイドさんに金沢の魅力を教えてもらうついでに、おいしいお土産も教えてもらえるかも知れませんね。

詳細は観光ボランティアガイドのウェブサイトをご確認下さい。

参考:観光ボランティアガイド|交通・観光案内|金沢市公式観光サイト 金沢旅物語

まいどさんを食べた感想

桜をはじめ、梅や楓などが散りばめられた華やかなパッケージ。

箱の色も四つの面すべて違う色。
それぞれオレンジ、緑、紫、黄土色ととてもカラフルです。

パッケージを見るだけでも心がわくわくしてくるよう。

フタを開けると目に飛び込んでくるのは、ぱっと鮮やかな朱色です。
その中にきれいに正座をするように並ぶ「まいどさん」。

個別包装もおしゃれなデザインなんですよ。

格子模様がきりっとした引き締まった印象を与え、散りばめられた花や楓が華やかさを演出しています。

「まいどさん」はしっとりとした洋風のお饅頭。

こんがりと焼かれたお饅頭の皮からは豊かで甘いミルクの香りが漂います。

皮は薄めでしっとり。

一方、中のミルク餡はねっとりと濃厚な甘さです。口に入れた瞬間にミルクのコクと強い甘さが広がります。

日本茶はもちろん、紅茶やコーヒーなどと一緒にいただいてもおいしいですよ。

まいどさんが買える場所

まいどさんは、雅風堂の各店舗オンラインショップ金沢駅などで購入することができます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名まいどさん
内容量5個入り10個入り
製造者(株)雅風堂 G
製造者住所石川県白山市布市1丁目239
原材料(原材料の一部に大豆を含む)、ミルク餡(白餡、砂糖、液糖、クリーム、卵黄、その他)、小麦粉砂糖鶏卵マーガリン加糖練乳(生乳、しょ糖)、乳等を主要原料とする食品(砂糖、乳製品、生乳、食用植物油脂、乳糖、その他)、はちみつトレハロース膨張剤乳化剤香料、着色料(カロチン、V・B2)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限30日
保存方法高温多湿をお避けください。
箱の大きさ横 12.0(5個入り)cm × 奥行き 21.0(5個入り)cm × 高さ 5.5(5個入り)cm
名産地石川県金沢
販売場所小松空港金沢駅
おみやげの種類饅頭
価格帯1,000円以内2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。