満願堂 うす皮芋きん

満願堂 うす皮芋きん 外装
満願堂 うす皮芋きん 外装満願堂 うす皮芋きん 開封後満願堂 うす皮芋きん 中身

満願堂 うす皮芋きんとは

満願堂は、浅草に本店を置く江戸和菓子の専門店。

さつまいもで作ったきんつば「芋きん」が看板商品です。

”年期増しても食べたいものは 土手のきんつば さつまいも”と歌われるほど、江戸時代から浅草で人気のあったおいものきんつば。

その味を再現した満願堂の芋きんは、今や浅草の定番みやげとなっていますよ。

満願堂の芋きんは、手作りのため賞味期限が24時間と短いのが特徴です。

店頭では焼き立てをバラで購入でき、食べ歩きをする人が多いようですね。

今回紹介する「うす皮芋きん」は、芋きんのおいしさをそのままに、日持ちがするよう真空パックを施したタイプ。

鹿児島産さつまいもを100%使用しています。

焼き芋を使った芋あんのホクホク感を引き立たせるため、皮を薄く仕上げているんだそう。

日持ちは常温で30日。「開封したら翌日までにお召し上がりください」と書いてありました。

▼「より美味しいお召し上がり方」として、オーブントースターや電子レンジで温める方法も紹介されています。

満願堂 うす皮芋きん 説明書き

入り数は今回購入した6個入り箱のみ、価格は1,080円(税込)です。

満願堂 うす皮芋きんを食べてみた感想

真っ赤な提灯が描かれた、浅草らしいパッケージが目を引いて購入しました。

大きさは5センチ四方、厚さ2センチ強。持つとずっしりとした重さがあります。

中は鮮やかな黄色というよりはやや茶色っぽくて、干し芋のような、おいもの自然な色ですね。

ほっくりとした食感と濃厚な風味は、まるで焼きいものよう。

皮は薄くてあまり存在を感じませんが、そのぶんさつまいもの味が引き立っています。

甘さはしっかりあり、温かい緑茶などと相性がいいですよ。

試しにオーブントースターで軽く温めてみると、おいもの風味とこっくりとした甘さが引き立ち、抜群においしくなりました!

電子レンジも試してみましたが、表面に香ばしさが加わるという点ではトースターの方がおすすめですね。

いも好きな人に贈りたい、素朴な味わいの浅草銘菓です。

満願堂 うす皮芋きんを購入できる場所

満願堂の以下の店舗で購入できます。

  • オレンジ通り本店
  • 浅草店
  • 羽田空港店
  • 吾妻橋店
  • 大丸東京店
  • 浅草松屋店
  • 北千住丸井店

また、満願堂 楽天市場店からお取り寄せもできますよ。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名満願堂 うす皮芋きん
内容量6個入り
販売者和田壮一(満願堂) M3
販売者住所東京都台東区浅草1丁目21番5号
原材料さつまいも砂糖小麦粉水飴寒天食塩植物油脂コーンシロップトレハロースグリシン加工デンプン保存料(ポリリジン)ショ糖脂肪酸エステル酵素乳化剤カゼインNa香料、(原材料の一部に卵、乳成分、大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限30日
保存方法直射日光及び高温多湿な場所をお避けください。
箱の大きさ横 15cm × 奥行き 23cm × 高さ 3cm
名産地東京都浅草
販売場所東京国際空港(羽田空港)大丸東京店松屋浅草浅草寺周辺
おみやげの種類きんつば和菓子
価格帯2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。