京あづま 梅どら

梅どらとは?

京あづまは、麻布にあった老舗和菓子店・京あづまの暖簾分けを受けて、昭和40年に開業しました。
東京の梅の名所として有名な、世田谷区の羽根木公園近くに店を構えています。

店内では、北海道産の小豆を材料とした自家製餡を使った和菓子を中心に取り揃えていますよ。
その中で高い人気を誇るお土産が、梅どらです。

外観は普通のどら焼きですが、他にはない中身にびっくり。
北海道産の小豆を使った自家製つぶ餡の間に、種を抜いた青梅のブランデー漬けが挟まっています。

梅どらは、遠方から訪れる人たちのために日持ちのするお土産として商品化されたものだそうです。

2007年には、公益財団法人世田谷区産業振興公社が指定・紹介する「世田谷みやげ」に指定されました。

梅の名所・羽根木公園近くの和菓子店ならではの名物お土産ですね。

梅どらを食べた感想

袋を開けると、ふっくらと厚みのあるどら焼き生地に驚きました。

中には、餡が隅から隅までぎっしり入っています。
餡は上品で控えめな甘さですよ。

さらに食べ進めると、シャキッとした食感の青梅が口の中に飛び込んできます。
餡の甘さと青梅のブランデー漬けのすっきりした風味が、絶妙なバランスで口の中に広がりました。

ひとつで2通りの味を楽しめて、お得な気分になるどら焼きです。
今までにないどら焼き、ぜひ一度食べていただけたらと思います。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名京あづま 梅どら
内容量1個入り5個入り8個入り
製造者菓匠 京あづま
製造者住所東京都世田谷区松原5-3-11
原材料小麦粉砂糖水飴膨張剤はちみつ重曹小豆あん玉子バニラエッセンス
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限8日間
保存方法なるべくお早めにお召し上がり下さい。
箱の大きさ横 10cm × 奥行き 28.5cm × 高さ 6.5cm
名産地東京都
おみやげの種類どら焼き和菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。