ラ コリーナ近江八幡 草屋根

草屋根 外装
草屋根 外装草屋根 開封した写真草屋根 中身の写真

草屋根とは?

滋賀県の近江八幡にある「ラ コリーナ近江八幡」。ここは全国的に有名な「たねや」や「クラブハリエ」の本社が置かれている場所です。

「ラ コリーナ」とはイタリア語で丘という意味なんだそう。

このラ コリーナ近江八幡といえば草屋根の建物が印象的。

この建物の中には「たねや」や「クラブハリエ」のショップなどが入っています。

屋根には草が生い茂り、松や槇が植えられているんです。土壁のポーチには栗の柱がつらなっていて、独特の不思議な雰囲気を醸し出していますね。

設計は建築家・藤森照信氏。

緑の季節になると青々とした草が屋根を覆い尽くし、まるで丘のようにも見えます。

今回ご紹介する「草屋根」は、ラ コリーナ近江八幡の草屋根をデザインしたパッケージに、たねやのお饅頭を詰合せたもの。

「たねや饅頭 桑の葉(ラコリーナ限定商品)」と「末廣福饅頭」がそれぞれ3個ずつ入っています。

「たねや饅頭 桑の葉」は桑の葉を使ったお饅頭で、ふわっとしたお饅頭の皮が特徴。

焼き印にはラ コリーナ近江八幡のシンボルでもある「アリ」が使用されています。

「草屋根」はラ コリーナ近江八幡だけで購入できる限定商品です。
ラ コリーナのお土産にいかがでしょうか。

価格は766円です。

草屋根を食べた感想

ラ コリーナのシンボルとも言える草屋根の形をしたパッケージ。その中には2種類のお饅頭が入っています。

たねや饅頭 桑の葉

ラ コリーナのシンボル「アリ」の焼き印が押された緑色のお饅頭です。

お饅頭の表面は艶があり、手に触れるとふわっとした優しい触感。

一口食べると桑の葉が持つ独特の風味が口の中に広がります。ほんのちょっぴりの苦みと青臭さがクセになりそう。

中に包み込まれているのは、しっとりとしたきめ細かなこし餡です。口に入れるとすっと溶けるような、やさしくて繊細な食感を持っています。

自然を感じるやさしい口当たりのお饅頭です。

末廣福饅頭

茶色のお饅頭は黒糖を使ったお饅頭。

つるんと艶のあるお饅頭の皮は張りがあって、しっかりとした印象を受けます。

実際に食べてみると想像通り。
お饅頭の皮はほどよい固さがあり、しっかりと食べ応えのある皮です。

黒糖が使われているので、濃厚な独特の風味が楽しめますよ。

中にはたっぷりのこし餡が包み込まれています。

こし餡の甘さと、黒糖の甘さ。
この異なる2つの甘さが同時に楽しめる、おいしいお饅頭です。

草屋根が買える場所

草屋根はラ コリーナ近江八幡でのみ購入できます。

店舗名ラ コリーナ近江八幡・メインショップ たねや
住所滋賀県近江八幡市北之庄町615-1
営業時間9:00〜18:00
定休日年中無休(1月1日を除く)
スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名ラ コリーナ近江八幡 草屋根
内容量6個入り
製造者株式会社 たねや 5
製造者住所滋賀県近江八幡市宮内町3
原材料【末廣福饅頭】砂糖、小豆、小麦粉、黒糖、水飴、卵、植物油脂、トレハロース、ふくらし粉、カラメル色素、【たねや饅頭 桑の葉】砂糖、小豆、小麦粉、水飴、白いんげん豆、つくね薯(やまいも)、植物油脂、桑葉粉末、トレハロース、加工澱粉、ふくらし粉
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約1週間
保存方法直射日光、高温多湿をさけて保存
箱の大きさ横 21.0cm × 奥行き 6.0cm × 高さ 13.7cm
名産地滋賀県近江八幡
おみやげの種類饅頭
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。