栗羽二重

栗羽二重 外装写真
栗羽二重 外装写真栗羽二重 中身(全体)の写真栗羽二重 中身(拡大)の写真

栗羽二重とは

栗羽二重(くりはぶたえ)は、愛知県犬山市にある尾張犬山菓匠もちたけの代表銘菓。

犬山産の大きくて甘い栗と砂糖を使って炊き上げたつぶつぶの栗きんとんを、もちもちの羽二重餅で包んだ贅沢な和菓子です。

厚生大臣賞を受賞しており、もちたけ犬山本店や名鉄百貨店の店頭でも一番の売れ筋で、全国の有名百貨店での催事でも大人気とのこと。

栗羽二重は、昭和初期、もちたけの初代店主である武田伸郎氏が「足が早い栗きんとんを遠方に持って帰りたい」という親戚の願いに応えようと、羽二重餅で包む方法を考案したことがきっかけで生まれたそうです。

羽二重餅で包むことで栗きんとんが空気に触れることを極力減らし、日持ちがするようになったので、遠方の人でも犬山のおいしい栗きんとんを食べることができるようになりました。

なお、栗羽二重に使用されている栗は、地元農家数十軒と直接契約し、木から落ちて24時間以内に拾った新鮮なものを収穫しているとのこと。洗浄、選別、加工まですべて自社工場で行うため、鮮度を保ったたま、品質の優れた色の白い栗きんとんができあがるそうです。

栗羽二重は、棒形になっており、人数に応じて切り分けていただくスタイル。包丁が必要なので、会社などへのおみやげには向きませんが、先方の家族人数がはっきりわからない場合でも入り数を気にせず買えるのが魅力。

1本の重量は約270gで、1本(箱なし/箱入り)、2本(箱入り)、3本(箱入り)、5本(箱入り)と数量が選べるほか、栗きんとんとの詰め合わせセットもあります。

栗羽二重を食べた感想

新鮮な栗と砂糖のみで手間ひまかけて丁寧に作られた栗きんとんだけでも贅沢なおいしさなのに、さらにそれをもちもちできめ細やか羽二重餅で包んでいるなんて、この上なく贅沢なお菓子です。

栗本来のおいしさがギュッと詰まった素朴な栗きんとんは、しっかりした甘さと濃厚な風味が特徴。

対して、外側の羽二重餅は、甘さは控えめですが、伸びがよく、なめらかな舌触りが身上です。

中身と外側のバランスが絶妙で、熱い日本茶といっしょに、秋を感じながらゆっくり味わうのがおすすめ。

季節感があり、インパクトのある形状なので、おみやげやお持たせにきっと喜ばれることでしょう。

栗羽二重を買える場所

もちたけの栗羽二重は、愛知県犬山市にある「犬山本店」、名古屋市の名鉄百貨店B1階「名古屋駅前店」、丸栄百貨店B1階「栄店」の店頭にて購入可能。

また、東海エリアでの催事出店・出張販売も行っており、日程と開催場所は、もちたけ公式サイトにて確認できます。

遠方の方は、ホームページ、電話、FAXからの注文でお取り寄せも可能です。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名栗羽二重
内容量1個入り2個入り3個入り5個入り
製造者有限会社もちたけ
製造者住所愛知県犬山市犬山北笠屋10-1
原材料栗、砂糖、もち粉、白餡(手亡豆)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限7日(ただし、開封後は2日以内に食べきること)
保存方法高温多湿、直射日光を避けて保存。冷蔵すると乾燥して硬くなる場合があるので注意。
箱の大きさ横 6.0cm × 奥行き 21.3cm × 高さ 4.7cm
名産地愛知県
販売場所名鉄百貨店本店
おみやげの種類和菓子
価格帯2,000円以内3,000円以内4,000円以内5,000円超