青木光悦堂 くだもの詩

kudamonouta_01
kudamonouta_01kudamonouta_02kudamonouta_03

「青木光悦堂 くだもの詩」とは

京都の老舗菓子店「青木光悦堂」の「くだもの詩」。「くだものことば」と読みます。

フルーツ本来の味を楽しめるよう、国内産の果汁をたっぷりと使っているのが特徴(ザクロのみ台湾産)で、半透明な宝石のようにカラフル。

いちご、りんご、ぶどう、ゆず、あんず、もも、うめ、ざくろの8種類で、個包装のひとつひとつに印字されている「いちご菓」「ぶどう菓」「梅乃菓」の文字にもそそられます。

「青木光悦堂 くだもの詩」を食べた感想

こういったゼリー菓子は甘すぎるものも多いのですが、「くだもの詩」は甘さ控えめ。

果汁の量が多く、表面にまぶしてある砂糖も少ないせいか、果実の味がしっかりと感じられます。

「いちごはこうなるのか!じゃあ、ももはどんな味だろう?うめは?」と、次々と食べ比べたくなってしまうのでちょっと危険!

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名青木光悦堂 くだもの詩
内容量15個入り
販売者銘菓の里(株)青木光悦堂
販売者住所京都市山科区大宅御所田町30-3
原材料水飴砂糖、果汁(りんご、ぶどう、いちご、もも、うめ、ざくろ、あんず、ゆず)、粉末オブラート(でんぷん)、ゲル化剤(ペクチン)酸味料香料、着色料(赤キャベツ紅花黄紅麹くちなし)、(原材料の一部に大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限6ヶ月
保存方法直射日光、高温多湿を避けてください。
箱の大きさ横 21.5cm × 奥行き 9cm × 高さ 3.7cm
名産地京都府
販売場所京都駅
おみやげの種類ゼリースイーツ
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。