小ざくらや一清 おほほっ みかん

小ざくらや一清おほほっみかんの外箱写真
小ざくらや一清おほほっみかんの外箱写真小ざくらや一清おほほっみかんの中身の写真小ざくらや一清おほほっみかんの写真

小ざくらや一清 おほほっ みかん について

名古屋市中村区にある小ざくらや一清の看板菓子「おほほっ」は、旬の新鮮な果物を柔らかい羽二重餅と白餡で包んだおまんじゅう。

今回は、9月から5月にかけて限定販売される「みかん」バージョンを紹介します。

小さくらや一清はどんなお店

小さくらや一清は、明治45年に創業した歴史ある和菓子屋。

新感覚の和菓子をテーマに、糖度にこだわった食べやすい和菓子づくりに力を入れています。

甘さをひかえめの和菓子をはじめ、洋菓子の素材を積極的に取り入れたお菓子。

和菓子の素材だけを使った創作和ケーキなど、テレビや雑誌でも取り上げられる機会が多い人気商品が数々あります。

今回紹介する「おほほっ」は、2018年現在7種の果物で用意されています。

季節限定の味ばかりなので、お土産菓子に季節感を添えたい時におすすめです。

  • 小ざくらや一清 おほほっ みかん 900円(税込)

やさしい色合いのイラストラベルに包まれたパッケージに4つ入っています。

小ざくらや一清おほほっみかんを出した写真

ほんのりオレンジ色のお餅は、みるからに柔らか。

おまんじゅうにみかんがまるごと1個入っているため、手で持つとつまめない位です。

小ざくらや一清おほほっみかんをつかんだ写真

みかんは、紀州産温州みかんが使用されています。

「お餅×白餡×みかん」のコラボレーション。
どんな味か楽しみです。

食べてみての感想

食感は、羽二重餅のとろけるような柔らかさにうっとりしました。

そして、みかんのジュ―シ―さ。
水っぽくなるかと思ったんですが、バランスが良い。羽二重餅と、とても合います。

味は、白餡の印象が強く、程よい甘さ。
2個目に手を伸ばしたくなりますね。

みかんが入ったおまんじゅうと聞いて思いつく、「甘酸っぱいかな」「水っぽいのでは」「合うのかな…」というイメージですが、全くありません。

「おほほっ」という和菓子を食べたんだ!と、感じましたね。

普段の会話の中に1つ話題がふえるようなお菓子として開発された「おほほっ」。
まさに、誰かに話したくなるような新発見の味でした。

生菓子のため、賞味期限は購入日の翌日。保存は、冷蔵庫の野菜室が推奨となっています。

小ざくらや一清おほほっみかんの原材料表示の写真

小ざくらや一清 おほほっ みかん が購入できる場所

今回、小ざくらや一清 おほほっ みかんを、名鉄百貨店 本館地下1階(スイーツステーション)で購入しました。その他にも、愛知県名古屋市内、大阪市内の各店舗、小ざくらや一清の公式インターネットショップでも購入する事ができます。

愛知県名古屋市内

大阪市内

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名小ざくらや一清 おほほっ みかん
内容量4個入り
製造者(有)小ざくらや一清
製造者住所名古屋市中村区稲上町2-88
原材料紀州産温州みかん、砂糖羽二重餅粉大手亡水飴馬鈴薯澱粉トレハロース
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限購入日の翌日
保存方法15℃以下で保存してください。
箱の大きさ横 11.5cm × 奥行き 13cm × 高さ 5cm
名産地愛知県名古屋
販売場所名古屋駅なんば駅あべのハルカス近鉄本店名鉄百貨店本店星ヶ丘三越ジェイアール名古屋タカシマヤ高島屋大阪店あべのハルカス
おみやげの種類大福和菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。