エスコヤマ SUSUMU KOYAMA’S CHOCOLOGY2015

SUSUMU KOYAMA’S CHOCOLOGY2015外装写真
SUSUMU KOYAMA’S CHOCOLOGY2015外装写真SUSUMU KOYAMA’S CHOCOLOGY2015開封写真SUSUMU KOYAMA’S CHOCOLOGY2015中身写真

エスコヤマ SUSUMU KOYAMA’S CHOCOLOGY2015とは

エスコヤマは兵庫県三田市にある洋菓子店。
オーナーは、「小山ロールの生みの親」として知られている小山進さんです。

小山さんは「C.C.C.(クラブ・デ・クロクール・ドゥ・ショコラ)」という世界的なチョコレートのコンクールで、日本人初の6年連続最高位を獲得したカカオティエ。

2016年の大会では、エスコヤマは何と1,700社が参加した中で世界最多の24作品を受賞という快挙を成し遂げました。

SUSUMU KOYAMA’S CHOCOLOGY2015は、そんな小山さんが何年もショコラと向き合った結果生まれた4つのショコラの詰め合わせ。

上質なボックスに詰まったショコラは、リッチな気分を味わいたいときにおすすめの一品です。

エスコヤマ SUSUMU KOYAMA’S CHOCOLOGY2015を食べた感想

No.1の「アルアコの誓い」は、苦味のある大人向けのショコラ。
味わい深く、その余韻がいつまでも舌に残るのが印象的でした。

No.2の「草原の少女」は、先ほどと打って変わって甘みのあるショコラです。
ふわっと口の中に苺の香りが広がり、鼻に抜けていく感じ。

甘酢っぱい苺が、まろやかで甘めのショコラよく合っていて、うっとりするような味わいでした。

No.3の「黄金の果実」は、シャリシャリとした食感のショコラ。
中に日向夏のフレーク&パウダーが入っていて、やや苦味が感じられました。

噛むと、柑橘系特有のスカッとした味がして、面白い組み合わせです。

No.4の「運命~ニワトコの屋敷~」は一口食べると、カシスの濃厚な香りが口の中に広がります。
舌触りはなめらかで、やや甘さ控えめ。

「エルダーフラワー」という花を素材に使用しているのですが、その発想も奇想天外で面白いですね。

小山さんがつくるショコラは、思いもよらぬ素材を組み合わせてつくれられている事が多く、私も毎回驚くと同時に感動を覚えます。

SUSUMU KOYAMA’S CHOCOLOGY2015は、プチギフトや自分へのご褒美スイーツにもおすすめ。
世界の小山がつくるショコラの世界を、ぜひ一度堪能してみてください。

エスコヤマ SUSUMU KOYAMA’S CHOCOLOGY2015を買える場所

SUSUMU KOYAMA’S CHOCOLOGY2015は、三田にあるエスコヤマのお店、または公式オンラインショップで購入が可能です。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名エスコヤマ SUSUMU KOYAMA’S CHOCOLOGY2015
内容量4個入り
製造者株式会社パティシエ エス コヤマ
製造者住所兵庫県三田市ゆりのき台5丁目32-1
原材料カカオマスカカオバター砂糖ヘーゼルナッツ全粉乳生クリームカカオバターカシス、日向夏、転化糖、エルダーフラワー、洋酒バターミルク、グロセイユ、カモミール、バニラビーンズ植物油脂脱脂粉乳ココアパウダー麦芽エキスクエン酸乳化剤(大豆由来)香料、着色料(二酸化チタン、黄4、赤3、黄5、青1、炭末)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限30日(20℃以下)
保存方法直射日光、高温多湿下での保管はお避けください
箱の大きさ横 10.0cm × 奥行き 10.0cm × 高さ 4.0cm
名産地兵庫県三田
おみやげの種類チョコレート洋菓子
価格帯2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。