香雲堂本店 古印煎餅

古印煎餅 外装
古印煎餅 外装

香雲堂本店 古印煎餅とは?

栃木県足利市に店を構える「香雲堂本店」は、明治元年創業。

足利の銘菓「古印最中」などを手がける老舗の菓子店です。

そんな香雲堂本店で古印最中とともに看板商品となっているのが、今回ご紹介する「古印煎餅」。

古印最中と同様に、日本最古の学校である「足利学校」や、大日様として親しまれている「国宝 鑁阿寺(ばんなじ)」の古印、また、明治画壇の巨匠・田崎草雲の落款等をモチーフにしてつくられています。

足利の歴史を感じられるお菓子なので、足利土産にぴったりですね。

枚数も6枚入り、12枚入り、24枚入り、36枚入りとあるので、自宅用から贈答用まで用途に合わせて選ぶことができますよ。

古印煎餅 記事内1

おせんべいは1枚ずつ個包装されており、絵柄も様々。

下の真ん中のおせんべいは「北条氏の虎印」のおせんべい。他のおせんべいは正方形でしたが、こちらのみ異なる形をしていました。

古印煎餅 記事内2

モチーフになっている古印等についての説明もあるので、「これはなにかな?」と歴史に思いを馳せながらいただくのも楽しいですね。

香雲堂本店 古印煎餅を食べた感想

おせんべいは正方形で約 9cm×9cm。手のひらからはみでる大きさです。
「北条氏の虎印」のみ異なる形で、横約8.5cm、縦約10.5cmでした。

モチーフがひとつひとつ異なるので、絵柄を見るだけで楽しいですね。

おせんべいはかたいので、食べやすいように割ってからいただくことにしました。
バキッと割ってみると、表面は茶色のきれいな焼き色ですが、中はほんのり白っぽい色をしています。

さっそくガブリとかじると、ボリッボリッとかための歯応え。噛んでいるうちにじんわりと甘さがひろがりました。

優しい甘さの素朴な味わいで、どこか懐かしさを感じます。

味は優しいですが、サイズは大きめでかたさもあるので、食べ応えは抜群です。
歯が心配な人は割ってから食べたほうがいいかもしれません。

熱い緑茶によく合い、おやつやお茶請けにぴったりなお菓子ですよ。

香雲堂本店 古印煎餅の価格

  • 6枚袋入り:514円
  • 12枚箱入り:1,132円
  • 24枚箱入り:2,263円
  • 36枚箱入り:3,394円

香雲堂本店 古印煎餅が買える場所

  • 香雲堂本店の店舗
  • ホームページからWebで注文、またはFAXや電話で注文

ほか、近隣のお土産売り場やスーパーの銘店コーナーなどで購入できます。

今回は足利市観光協会の太平記館で購入しました。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名香雲堂本店 古印煎餅
内容量6個入り12個入り24個入り36個入り
製造者有限会社 香雲堂本店
製造者住所栃木県足利市通4丁目2570
原材料小麦粉(国内製造)砂糖牛乳白玉粉重曹
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限購入日:2018年6月29日、賞味期限:2018年8月22日
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保管
箱の大きさ横 11.8cm × 奥行き 23.2cm × 高さ 5.5cm
名産地栃木県足利
おみやげの種類せんべい
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内4,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。