こたべ チョコあん

こたべチョコ外装写真
こたべチョコ外装写真こたべチョコ開封した写真こたべチョコ中身の写真
おみやの写真について

おみやげのデータ

商品名こたべ チョコあん
内容量5個入り
製造者株式会社 美十
製造者住所京都市南区西九条高畠町35-2
原材料砂糖、トレハロース、乳化剤、香料、ココアパウダー、酵素、きな粉、米粉、(原材料の一部に乳成分、大豆を含む)、チョコあん(白生あん、チョコレート、砂糖、寒天)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約11日
保存方法直射日光、高温多湿な場所を避けて常温で保存
箱の大きさ横 10.5cm × 奥行き 8.7cm × 高さ 2.3cm
名産地京都府
販売場所伊丹空港京都駅新大阪駅清水寺京都タワー
おみやげの種類チョコレート八ツ橋
価格帯1,000円以内

こたべ チョコあんについて

「こたべ」は「おたべ」を製造販売する株式会社 美十が手がけています。
株式会社 美十は2015年に株式会社 おたべから社名が変更され、現在の名前となりました。

「こたべ」とは「おたべ」の子どもという意味で、一口で食べられるかわいいサイズの餡入り生八つ橋のこと。
2013年に販売開始となった比較的新しい京都土産です。

こたべはいくつか種類がありますが、こたべ チョコあんは販売期間が5月~9月頃までの季節限定商品です。
他にも季節ごとに限定商品があるので、違う季節に京都を訪れたときはまた別のこたべを食べられますよ。

*下記おみやげデータの原材料・保存方法は、購入時点の情報です。(2017年5月)
今後、仕様が変更になる場合があります。

こたべ チョコあんを食べた感想

箱にはホオズキの実が描かれていますが、祭りを楽しむ子どもたちのほほをイメージしたとのこと。
ずっと保管しておきたくなりますし、人に渡すのにも便利ですね。

味の方はというと、もっちりとした生八つ橋と生チョコ食感のチョコあんがマッチしています。
きな粉が表面にまぶされていますが、口に入れたときにわずかに感じる程度で、一口かむと一気にチョコ感が広がります。
白生あんが入っているとのことですが、その味はあまり感じない、チョコレートが主役のお菓子ですね。

量が少ないと思うかもしれませんが、1人で食べ切るにはちょうどよく、旅の途中で食べるのもオススメ。
一人暮らしをしている方やチョコレート好きの方にとってもうれしいお土産かもしれませんね。