こんぴら歌舞伎銘菓 釣女 はどこで買える?販売店舗や通販・カロリー・値段・賞味期限や日持ち・食べてみた口コミのまとめ

釣女(つりおんな)外装
釣女(つりおんな)外装釣女(つりおんな)開封後釣女(つりおんな)中身
おみやの写真について

こんぴら歌舞伎銘菓 釣女のデータ

商品名こんぴら歌舞伎銘菓 釣女
内容量4個入り8個入り12個入り15個入り20個入り
製造者まめや 堀製菓株式会社
製造者住所香川県仲多度郡琴平町359
賞味期限1ヶ月
保存方法直射日光を避け、常温保存してください。
箱の大きさ横 12.2cm × 奥行き 23.5cm × 高さ 4.5cm
名産地香川県琴平
販売場所高松空港JR丸亀駅高松駅
※ 販売場所は公式サイト・現地で直接確認していますが、販売終了している場合もあります。
おみやげの種類饅頭
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内

釣女(つりおんな)とは

釣り糸と微笑む女のイラストが描かれている、その名も「釣女(つりおんな)」。
香川県金刀比羅宮のふもとで”こんぴら歌舞伎銘菓”として親しまれているおみやげです。

こんぴら歌舞伎は、天保6年(1835年)に建てられた、現存する日本最古の芝居小屋「旧金刀比羅大芝居」で演じられています。

そして、この舞台でかつて中村勘三郎が演じた「釣女」こそが、このお菓子の名前の由来なのです。

釣女のお話はこうです。
ある大名が夢のお告げによって釣り糸を垂れたところ美しい女が釣れたため、お供の者もこっそりと釣り糸を垂らします。

すると釣れたのはなんとも醜い女。彼は思わず逃げ出しますが、醜い女が追いかけてくる…というもの。

金刀比羅宮は海の神様ですが、同時に縁結びの神様としても知られ、全国からたくさんの人々が長い長い石段をのぼってお参りに来ます。皆が糸を垂らした先に、よいご縁があることを願うばかりです。

釣女(つりおんな)を食べてみて

外箱も、そしてまんじゅうもほんのり淡いピンク色。
手に持つとずっしりと重みがあります。

キメが粗めの生地は、山芋の独特の香りがします。
たっぷりとつまったこしあんの中心には、やわらかく甘い栗が入っていました。

米粉と山芋を使った蒸しまんじゅうなので、鹿児島県のかるかんに近い味わいですね。
栗とあんこの強い甘みが、お茶菓子にはぴったりだと思います。

釣女(つりおんな)の種類と値段

  • 4個入り:540円
  • 8個入り:1,080円
  • 12個入り:1,285円
  • 15個入り:1,880円
  • 20個入り:2,262円

釣女(つりおんな)が買える場所

釣女(つりおんな)は、琴平駅近くにある菓子司まめや本店のほか、金比羅宮参道のこんぴらまめや内町店で購入可能です。その他、地元旅館や主要SAなど、各おみやげ品売り場でも買うことができますよ。