ゴンチャロフ 神戸ビュースポット

神戸ビュースポット(クランチチョコレート)

神戸のチョコレートと言えば、代表ともいえる「ゴンチャロフ」。

ロマノフ王朝の宮廷菓子職人であったマカロフ・ゴンチャロフ氏が、大正12年にボンボン・ショコラを作ったことが歴史の始まりとなり、「神戸発祥の高級チョコレートの老舗」として、今も尚、多くのオリジナル商品を生み出しています。

そんな、ゴンチャロフを代表するチョコレート菓子と、神戸の有名な「観光地」がコラボレーションをしているこちらの商品は、パッケージにデザインされた観光地を見ながら土産話に花を咲かせることができ、食べても美味しく、一石二鳥の人気なお土産です。

食べた感想やお土産としてのポイント

前述の通り、まず、パッケージに神戸の有名な観光地が描かれている為、その一つ一つを説明しながらお土産を渡す楽しみがあります。

また、味は「ミルク味」と「塩バターキャラメル味」と一箱に二つの味が入っている為、好みによって選べ、それぞれ違う甘さを味わうことができますよ。

ミルク味は、チョコレート本来の甘味がありつつも、一般的なミルクチョコよりも控えめな甘味でカカオの苦みもしっかりと残っていました。

また、塩バターキャラメル味は、バターとキャラメルの濃厚な甘さがありますが、ほんのりと塩味を感じることができ、その塩加減が甘さを引き締めてくれています。

両方とも、クランチやアーモンドが入っていることにより、味に軽さが出て、チョコレート独特の甘ったるさが控えめになり、とても食べやすく、食感もよい為、お菓子としてだけではなく、お酒のあてとしてもいいかもしれません。

一つずつ小分けに包装されているので、お土産として複数の方へ一度に配るときなどにおすすめです。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名ゴンチャロフ 神戸ビュースポット
内容量12個入り
製造者ゴンチャロフ製菓株式会社 
製造者住所兵庫県神戸市東灘区御影塚町3丁目1番3号
原材料小麦粉、砂糖、植物油脂、食塩、乳化剤、香料、卵、ココアバター、全粉乳、乳糖、アーモンド、コーンフレーク、(原材料の一部に大豆を含む)、黒糖パウダー、カカオマス、エリスリトール、水飴、脱脂粉乳、乳主原食品、キャラメルパウダー(無糖練乳、加糖脱脂練乳)、着色料(カロチノイド、ピートレッド)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約100日
保存方法直射日光、高温多湿な場所を避けて涼しい場所で保存して下さい。
箱の大きさ横 25cm × 奥行き 18.5cm × 高さ 3.5cm
名産地兵庫県
販売場所伊丹空港神戸空港姫路駅新神戸駅明石駅三ノ宮駅淡路島南PA龍野西SA大丸須磨店そごう西神店神戸ハーバーランド
おみやげの種類チョコレート洋菓子
価格帯1,000円以内