小鳩豆楽

評価★★★★★5
クチコミ1
小鳩豆楽_外装
小鳩豆楽_外装小鳩豆楽_中身全体小鳩豆楽_中身拡大

小鳩豆楽について

明治27(1894)年に、鎌倉で産声をあげた豊島屋。
鎌倉の定番おみやげ「鳩サブレー」で有名なお店です。

そんな豊島屋で、明治時代からずっと作られているお菓子が「小鳩豆楽(こばとまめらく)」です。
包み紙を開くと、中からころんと可愛らしい小鳩の形をした落雁が5つ出てきます。

内容量は全部で3種類。今回は缶入(赤)を購入しました。
・折箱 3包入
・缶入(赤・白) 各4包入
・2缶入

缶が入った箱には、小鳩豆楽について
「豆の香を楽しんでいただき、又マメに楽しくお過ごしいただく様にとの願いをこめた」との説明が書かれていました。

おみやげに渡すときにこの話を伝えたら、相手の方はさらに喜びそうですね。

小鳩豆楽を食べた感想

きなこのやさしい甘さがふわりと広がったあと、次第に口のなかですうっと溶けていきます。
見た目も味も、和の風情を感じさせる上品な一品です。

緑茶との相性は、申し分ありません。
他にも、ストレートティーとも好相性だと思います。

ひと粒食べ終わった後、それまで味わっていた甘さがしつこく残りません。
個人的には、仕事の息抜きにいただきたくのにちょうど良いお菓子だと思いました。

甘いものが苦手だという方も含め、老若男女に幅広く好まれるお菓子なのではないでしょうか。

自分用に買うなら、3包入りの折箱がおすすめです。
缶入は改まった印象が出るので、家族や親戚、お世話になった方へのおみやげにも最適ですよ。

小鳩豆楽を購入できる場所

小鳩豆楽は、鎌倉・逗子にある直営店と、神奈川県内・都内有名デパート等で販売されています。
詳しくはこちら

また、公式オンラインショップからも購入できます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名小鳩豆楽
内容量15個入り20個入り40個入り
製造者株式会社豊島屋
製造者住所神奈川県鎌倉市小町2-11-19
原材料和三盆糖、粉糖、赤えんどう豆粉、でん粉、きなこ(大豆)、ソルビドール
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限個々の商品に記載(約1ヶ月間)
保存方法高温多湿を避け常温で保存して下さい
箱の大きさ横 10.8cm × 奥行き 10.8cm × 高さ 5.7cm
名産地神奈川県
販売場所東京国際空港(羽田空港)品川駅大丸東京店伊勢丹新宿本店京急百貨店銀座三越日本橋三越本店小田急百貨店藤沢店小田急百貨店町田店小田急百貨店新宿店さいか屋藤沢店さいか屋横須賀店西武池袋本店そごう横浜店髙島屋日本橋店高島屋新宿店髙島屋玉川店髙島屋横浜店東急百貨店たまプラーザ店東急百貨店東横店鎌倉駅周辺・小町通り
おみやげの種類干菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。