きよめ餅総本家 春敲門

春敲門 外箱
春敲門 外箱春敲門 開封春敲門 中身

きよめ餅総本家 春敲門とは

きよめ餅総本家は、名古屋にある熱田神宮の境内にある歴史あるお店です。

柔らかいお餅でこしあんを包んだ名物のきよめ餅は、名古屋土産としても多くの人に愛される商品ですよ。

今回紹介するのは、ほんのりとした優しい甘さの和三盆「春敲門(しゅんこうもん)」。

春敲門は熱田神宮の神門の一つ。

その春敲門(戦災で焼失)に掲げられた扁額をモチーフに作られたお菓子です。

春敲門には“春は東から訪れる”というめでたい意味が込められています。

縦87.5㎝、横43㎝全体に黒漆を塗り、元々は現状は時の部分は金で押され、とても豪華な見た目だったそうです。

隷書体の文字は小野道風筆と伝えられ、和様の額として古いものに属するという歴史あるもの。

熱田神宮の歴史を感じながら、しみじみとした時間を味わえるお菓子です。

きよめ餅総本家 春敲門を食べてみて

箱を開けるとピシッと整列した和三盆。ピンクと白の紅白が美しく並びます。

味はどちらの色もおなじです。

「春敲門」と綺麗に浮かび上がるピシッとした文字が美しいですよね。

手にもつと優しい甘さの香りが漂い、口に入れるとさっと優しく儚く一瞬で溶けてしまいます。

たまにはお抹茶を立てるのもよし、ブラックコーヒーと一息つくのもおすすめです。

きよめ餅総本家 春敲門の値段

  • 1箱(20個入り) 800円
  • 2箱入り 1,750円
  • 3箱入り 2,600円

OMIYA!で紹介しているきよめ餅総本家のお菓子一覧

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名きよめ餅総本家 春敲門
内容量20個入り40個入り60個入り
製造者きよめ餅総本家
製造者住所愛知県名古屋市熱田区神宮三丁目7番21号
原材料和三盆糖着色料(赤3、赤105)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限3ヶ月
保存方法高温多湿をお酒ください
箱の大きさ横 10.5cm × 奥行き 9.5cm × 高さ 2cm
名産地愛知県名古屋
おみやげの種類干菓子和菓子和三盆
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。