きよめ餅総本家 一福餅

一福餅 外観
一福餅 外観一福餅 開封一福餅 中身

きよめ餅総本家 一福餅とは

きよめ餅総本家は、名古屋にある熱田神宮の境内にある歴史あるお店です。

名物は柔らかいお餅でこしあんを包んだきよめ餅

名古屋土産としても多くの人に愛される商品です。

今回紹介するのは、一口タイプの大福餅「一福餅」。

白とよもぎ2種類の皮につぶあんが入ったお餅ですよ。

商品の名前にはちょっと「いっぷく」という意味も込められていてほっこりします。

竹の皮に包まれ、赴きを感じますね。

外側のビニール袋を開けたあとはお餅が硬くならないよう早めに食べるのがオススメです。

きよめ餅総本家 一福餅を食べてみて

きよめ餅の中のあんこがこしあんなのに対して、一福餅にはつぶあんが入っています。

お店の方によると、名古屋の人はこしあんよりもつぶあんが好みなんだとか。

つぶあん好きのために作られたお菓子なんだそうですよ。

直径3.5cmほどのお餅は、とても柔らかくもっちもち。

口に運ぶまでに指でつまんでいる間も優しい手触りに癒されます。

中にはとろっとしたあんこが入っていました。

緑の餅生地はよもぎ味。濃厚なよもぎの風味を楽しむことができます。

HPの説明には「一口タイプ」と書かれている通り、幾つでも食べられてしまいそうなサイズ。

おいしいのでついつい手が伸びてしまいます。

硬くなってしまった場合は、少し焼いてもおいしく食べられるなと思いました。

きよめ餅総本家 一福餅の値段

1袋(10個入り) 660円

OMIYA!で紹介しているきよめ餅総本家のお菓子一覧

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名きよめ餅総本家 一福餅
内容量10個入
製造者きよめ餅総本家
製造者住所愛知県名古屋市熱田区神宮三丁目7番21号
原材料砂糖小豆餅粉白玉粉還元水飴、よもぎ草、卵白トレハロース、うち粉(加工澱粉)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約1週間
保存方法高温多湿を避けて保存
箱の大きさ横 13cm × 奥行き 15cm × 高さ 3cm
名産地愛知県名古屋
おみやげの種類和菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。