清月堂 清麿饅頭が買える場所はどこか・食べてみた口コミ

清麿饅頭 外装
清麿饅頭 外装清麿饅頭 開封清麿饅頭 中身
おみやの写真について

清月堂 清麿饅頭のデータ

商品名清月堂 清麿饅頭
内容量10個入り
製造者清月堂
製造者住所大分県宇佐市橋津33
賞味期限2週間
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存
箱の大きさ横 11.5cm × 奥行き 25.5cm × 高さ 4.2cm
名産地大分県中津宇佐
販売場所宇佐神宮
※ 販売場所は公式サイト・現地で直接確認していますが、販売終了している場合もあります。
おみやげの種類饅頭和菓子
価格帯2,000円以内

清月堂 清麿饅頭とは

創業明治32年(1899)の老舗和菓子店、「清月堂」。

日本三大八幡宮の一つになっている大分県「宇佐神宮」の参道にあるお店です。

昔から変わらず、一つ一つ丁寧に手作りの和菓子を作っています。

今回紹介する清麿饅頭は、宇佐神宮にゆかりのある和気清麻呂から名付けられたお菓子。

(和気清麻呂:奈良時代末期から平安時代初期にかけての貴族で、769年に宇佐神宮に派遣された人物)

レトロなパッケージの箱には宇佐神宮が描かれています。

清月堂 清麿饅頭を食べてみて

銀色の包み紙を開けると、出てくるのはコロンと可愛らしいおまんじゅう。

バターが使われた生地は想像していたよりもしっかりしていて、クッキーのような食感です。

水飴が使われていて、しっとり感があります。

中に包まれているのは優しい甘さの白あん。

お茶にもコーヒにもぴったりです。

このおまんじゅうが誕生したのは何と50年も前。

宇佐神宮の歴史を感じながら味えるおまんじゅうだなと思いました。