喜八洲総本舗 みたらし団子

喜八洲総本舗 みたらし団子
喜八洲総本舗 みたらし団子喜八洲総本舗 みたらし団子を開封してみた喜八洲総本舗 みたらし団子の中身
おみやの写真について

おみやげのデータ

商品名喜八洲総本舗 みたらし団子
内容量1個入り5個入り10個入り
製造者株式会社 喜八洲総本舗
製造者住所大阪市淀川区十三本町1-4-2
原材料米粉(国内産、米国産)、砂糖、醤油、澱粉、みりん、餅粉(国内産、タイ産)、昆布/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、(一部に小麦・大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限当日中
保存方法高温多湿を避け常温保存
名産地大阪府大阪市
販売場所伊丹空港新大阪駅十三駅
おみやげの種類お団子和菓子
価格帯1,000円以内

喜八洲総本舗のみたらし団子とは?

大阪・十三にある喜八洲総本舗。
代表的なお菓子がみたらし団子です。

大阪では有名なお土産・手土産となっています。

餅粉と米粉を配合した団子で、店舗だと注文してから焼き上げるため、できたてを食べられますよ。

開封してみたときの感じ

何本かまとめて買った場合は、タレがはみ出てしまわないように透明のシートで包んでくれます。

なので開封しても手が汚れることはありませんよ。

シートをとってみたらし団子が見えてくると、独特の甘いタレのにおいが食欲をそそります。

かわいらしい団子の見た目もいいですね。

ほどよい焦げ目が入っているのも、喜八洲総本舗のみたらし団子の特徴です。

みたらし団子を食べてみた感想

ということで、早速みたらし団子を食べてみました。

まず口の中に広がるのはタレの味です。甘さと醤油の味が独特で好みがわかれるかもしれませんが、個人的には好きですね。

そしてみたらし団子です!
もちっとした食感もありつつ、とても柔らかいので食べやすいですよ。

1本あたり5個の団子がついていますが、気づいたらすぐ完食してしまうぐらいです。

そんな感じで、今回は3本買ってみたのですが、やっぱりすぐに食べきってしまいました…!

カロリーなどの栄養成分表示について

喜八洲総本舗 みたらし団子のカロリー・原材料・栄養成分表示

喜八洲総本舗のみたらし団子を食べるときに、カロリーがどれぐらいあるのかも気になるかと思います。

以下でカロリーも含めた栄養成分表示を一覧でまとめました。

喜八洲総本舗みたらし団子の栄養成分表示(1本あたり)
エネルギー186kcal
たんぱく質2.5g
脂質0.1g
炭水化物46g
食塩相当量0.04g

1本で186kcalあるので、意外とボリュームあります。

でも、ついつい何本も食べてしまう魅力があるのですよね…。

賞味期限・日持ちについて

喜八洲総本舗のみたらし団子は、生菓子ということもあって日持ちはしません。

当日中に食べるようにしましょう。

焼き立てでアツアツのときに食べるのが美味しいですよ。

本数ごとの値段について

喜八洲総本舗のみたらし団子の値段は以下の通りです。

  • 1本入り:98円
  • 5本入り:490円
  • 10本入り:980円

1本98円から買えるので、食べ歩きにもおすすめです。

私も十三駅にある店舗で、たまに買っています。

十三駅にある店舗だとSポイントカード提示・キャッシュレスの支払いにも対応しているので、さらにお得にできますよ。

みたらし団子の販売店舗

喜八洲総本舗のみたらし団子は、主に以下の場所で買えますよ。どこで買えるのか気になるときはチェックしてみましょう。

喜八洲総本舗自体が大阪で人気のお菓子屋さんなので、売っているお店が多いですね。

手土産で渡すのにもおすすめなので、帰る前や取引先に渡すときにもいいですね。

通販はありません

喜八洲総本舗には通販サイトがありません。みたらし団子が日持ちしないのもあって、通販での取扱がないですね。

大阪旅行に来たときの帰る前のお土産や、食べ歩きなどにみたらし団子を食べるのもいいですよ。

歩き回って疲れたときに口にすると、より美味しさを実感できると思います!