宗家源吉兆庵 織部錦

織部錦 外装
織部錦 外装織部錦 開封織部錦 中身の写真
OMIYA!の写真について

おみやげのデータ

商品名宗家源吉兆庵 織部錦
内容量8個入り12個入り16個入り24個入り
製造者(株)宗家 源吉兆庵
製造者住所東京都中央区銀座7丁目8-9
原材料砂糖、小麦粉、小豆、栗甘露煮、水あめ、卵、白あん、サツマイモペースト、マーガリン、蜂蜜、加糖練乳、食塩、本みりん、膨張剤、乳化剤(大豆由来)、香料、着色料(カロチン、クチナシ)、漂白剤(亜硫酸塩)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限商品発送から30日
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存してください
箱の大きさ横 12.9cm × 奥行き 23.5cm × 高さ 3.9cm
名産地岡山県
販売場所千葉駅平塚駅松坂屋高槻店
おみやげの種類饅頭和菓子
価格帯5,000円超

織部錦について

宗家源吉兆庵は1947年(昭和22年)創業の銘菓の老舗。
岡山県内では知らない人はいないといっていいほど有名な和菓子店です。

和の心と四季の風情を込めた和菓子を数多く販売し、幅広い年代から愛されています。
伝統的な和菓子はもちろん、フルーツ王国である岡山県産の果物を使った、見た目に美しい和菓子も人気ですよ。

宗家源吉兆庵、定番の焼き饅頭である織部錦は、栗とさつまいものこしあんがいっぱい詰まっています。

表面の笹りんどうの焼印が上品で、年配の方にも喜ばれそう。
バラ売り、8個入り、12個入り、16個入り、24個入りがあり、オンラインショップからも購入できます。

織部錦を食べた感想

コロンとしたフォルムの織部錦は、二口で食べられるサイズ。
封を開けると、つややかな焼き色のついたが織部錦が、ひょっこり顔を覗かせます。

今回は、JR倉敷駅から歩いてすぐの天満屋倉敷店地下1階で購入しました。
皮はしっとりとしていて、やさしい食感です。

中には、あずきのこし餡にくるまれた、きざみ栗とさつも芋のこし餡が入っていました。
密度の高いもっちりとなめらかな餡で、しっかりとした甘みがあります。

食べごたえのある織部錦は、日本茶にもよく合いますが、コーヒーとの相性もいいですよ。
うぐいす色の上質の紙で丁寧に包装されているので、改まった進物や手土産におススメな和菓子です。