北菓楼 北の夢讃童

北の夢讃童 外装
北の夢讃童 外装北の夢讃童 開封した写真北の夢讃童 中身の写真

北の夢讃童とは

北菓楼は、北海道砂川市に本社を構えるお菓子メーカー。

新千歳空港や百貨店でも取り扱いがあり、北海道土産として有名なブランドのひとつです。

北菓楼のお菓子は札幌市内の百貨店や札幌駅、新千歳空港など買いやすい場所にありますよ。今回は、札幌本館で購入しました。

札幌本館は元々、大正15年に北海道初の本格的な「北海道庁立図書館」として建てられた歴史的建造物の別館跡。

平成27年に歴史的な建築家「安藤忠雄氏」の設計で、菓子店舗へ生まれ変わりました。

今では観光名所のひとつにもなっています。

「北の夢讃童(ゆめさんどう)」は、綿のようにふんわり柔らかいブッセケーキ。

味は、レーズン入りのホワイトガナッシュとチョコクリームの2種類です。

ガナッシュクリームとは、チョコレートと生クリームを混ぜて作るクリームのこと。

北の夢讃童の名前の由来などはわかりませんが、夢をはさめている(サンド)のではないだろうかと想像してしまいました。

2種類のブッセが3個ずつ入っているので、2つの味を同時に楽しめるお土産。

お店では1個からバラ売りもしているので、自分用のおやつにも良いですね。

  • 1個:129円(税込)
  • 6個入り:864円(税込)

北の夢讃童を食べた感想

ホワイトガナッシュ、チョコクリームそれぞれを食べた感想をお伝えしていきますね。

ホワイトガナッシュ

ふんわりとした口当たりのブッセの中には、ちょっぴり固めのガナッシュクリーム入り。

ミルキーなクリームが、口の中なかの温度ですぐにとろけました。

レーズンを噛むとじゅわっと洋酒の風味が広がります。

生地の柔らかさと固めのクリームのギャップが楽しいですよ。

甘さ控えめなので、後味もいいですね。

洋酒がやや強めですが、ラムレーズンが好きな人にはおすすめですよ。

チョコクリーム

綿のようにふわふわしたブッセの中には、くちどけのよいチョコレートクリーム。

チョコレートクリームは、高級なアイスクリームを食べているかのようななめらかさがあります。

甘さ控えめなのに、じんわりと甘みの余韻が続きますよ。

年代を問わずに喜ばれそうなお菓子です。

北の夢讃童が買える場所

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名北菓楼 北の夢讃童
内容量1個入り6個入り
製造者株式会社 北菓楼
製造者住所北海道砂川市西1条北19丁目2-1
原材料チョコレートクリーム:卵、砂糖、小麦粉、クリーム(乳製品)、植物油脂、ココアバター、全粉乳、バターオイル、カカオマス、コーンスターチ、バター、脱脂粉乳、加糖練乳、食塩、異性化糖、乳たんぱく、酸素処理卵黄油、ソルビートル、膨張剤、乳化剤、香料、ph調整剤、グリシン、酸化防止剤(V.E)、メタリン酸Na、増粘多糖類、着色料(アナトー、カロテン)、(原材料の一部に大豆を含む)、ホワイトガナッシュ:卵、砂糖、小麦粉、レーズン、クリーム(乳製品)、植物油脂、ココアバター、全粉乳、バターオイル、コーンスターチ、バター、洋酒、水飴、脱脂粉乳、加糖練乳、食塩、異性化糖、乳たんぱく、酸素処理卵黄油、ソルビートル、膨張剤、乳化剤、香料、ph調整剤、グリシン、酸化防止剤(V.E)、メタリン酸Na、増粘多糖類、着色料(アナトー、カロテン)、(原材料の一部に大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限2週間
保存方法直射日光を避け、28℃以下の涼しい場所に保存し、お早めにお召し上がり下さい。
箱の大きさ横 25.5cm × 奥行き 23.5cm × 高さ 5.5cm
名産地北海道小樽札幌
販売場所新千歳空港JR札幌駅大丸札幌店丸井今井札幌本店札幌三越小樽堺町通り
おみやげの種類ブッセ
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。