金陵最中

金陵 酒菓 外装
金陵 酒菓 外装金陵 酒菓 中身金陵 酒菓 アップ

金陵最中について

お酒を使ったおみやげを紹介します。
作っているのは、徳島県美馬郡にある粟尾商店。

四国といえば、”お酒”のイメージがありました。
入っていたしおりに、このお菓子について書いてあったので、紹介しますね。

頼山陽が四国こんぴらさんを曽遊のときこの地が中国の古都「金陵」南京を想わせるものがあり琴平を金陵と呼び酒の名も金陵と名付けた徳島の旧家西野 家寛政元年(一七八九年)阿波徳島にて阿波藍の取扱いに併せて琴平の地で酒造業を開始それ以来品質一筋に二○○年余年・・・・・・・ この銘酒がはいって生まれたのが酒菓金陵です

このお菓子は「姫路菓子博2008 第25回 全国菓子大博覧会」で、名誉総裁賞の文化部門を受賞しました。

金陵最中を食べた感想

開けただけではお酒の匂いはわかりませんでした。
そのため、お酒を使っているお菓子だと忘れて、一口噛んだほどです。

噛むと、お酒の香りと味が口の中にふわっと広がりました。
餡に甘さがあるので、お酒の味をやや中和しているようです。

OMIYA!では、他に「酒まんじゅう」の記事があります。
そちらのお酒の度合いを”強”と表現すれば、こちらは”中”といった感じでした。

ですが、お酒をあまり飲めない方は、召し上がれないかと思います。
お酒が強い方にとっては、餡の甘さも味わえそうだと思いました。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名金陵最中
内容量6個
製造者有限会社 粟尾商店
製造者住所徳島県美馬郡つるぎ町貞光字馬出47の10
原材料砂糖保存料(ソルビン酸K)寒天もち米小豆水あめ酒粕
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約3週間
保存方法直射日光・高温多湿は避けて下さい
箱の大きさ横 16.6cm × 奥行き 24.7cm × 高さ 3cm
名産地徳島県
販売場所JR高松駅
おみやげの種類最中和菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。