加賀陣屋 金箔羽二重餅

加賀陣屋 金箔羽二重餅 外装
加賀陣屋 金箔羽二重餅 外装加賀陣屋 金箔羽二重餅 開封した写真加賀陣屋 金箔羽二重餅 中身の写真

加賀陣屋 金箔羽二重餅とは?

石川県の加賀陣屋が手がける、金箔をあしらった羽二重餅です。

金沢は日本一金箔を作っている町。
なんと日本で作られる金箔の100%近くが金沢で作られているというから驚きです。

そんな金沢を代表する「金箔」の歴史は古く、文禄2年(1593年)の時点ですでに作られていたとされています。

長い歴史の中で栄枯盛衰を繰り返しながら、現在まで金沢の金箔作りは続いているのです。

金沢の金箔は1977年に「伝統的工芸品産業の振興に関する法律(伝産法)」によって「金沢箔」として指定されました。

「加賀陣屋 金箔羽二重餅」を食べながら、金沢の伝統工芸について考えてみるのもいいのではないでしょうか。

柔らかで素朴な甘さの羽二重餅。
ちょっと贅沢なひとときを過ごせそうですね。

  • 9個入り:648円

加賀陣屋 金箔羽二重餅を食べた感想

金箔をあしらった羽二重餅。

食べる前からちょっとワクワク。
そんな楽しみのある羽二重餅ですね。

「金沢金箔」と書かれた包み紙で羽二重餅は丁寧に包まれています。

その包みを開けると中から現れたのは真っ白な四角い羽二重餅。

包みを開ける時には慎重に!

たっぷりの細かい粉がお餅に振りかけられているので、ふわっと粉が舞い散ってしまいます。

お皿の上に置いて取り出すとまわりを汚さなくてすみますよ。

羽二重餅の中心からすこし外れたところにキラキラと光り輝く金箔が。

日の光を反射して輝く姿はとても優雅です。

もっと全体的に金箔が振りかけられていると思っていたのですが、このように一箇所にまとめて振りかけられていると金箔の存在感がより引き立ちますね。

羽二重餅はもっちりとしていて、素朴な甘さ。「もう一つ」と手が伸びそうになるおいしさです。

加賀陣屋 金箔羽二重餅が買える場所

加賀陣屋 金箔羽二重餅は、加賀陣屋金沢駅などで購入することができます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名加賀陣屋 金箔羽二重餅
内容量9個入り
製造者販売者:和菓子 加賀陣屋 吉田貴 Y
製造者住所販売者住所:石川県加賀市河南町ヌ-57
原材料水飴砂糖餅粉米粉コーンスターチトレハロースソルビトール着色料(金箔)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約1ヶ月
保存方法高温多湿をお避け下さい。
箱の大きさ横 17.6cm × 奥行き 19.5cm × 高さ 2.9cm
名産地石川県金沢
販売場所金沢駅
おみやげの種類和菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。