きのとや 黒千石のフロランタン

きのとや 黒千石のフロンランタンの外装
きのとや 黒千石のフロンランタンの外装きのとや 黒千石のフロンランタンの中身(全体)きのとや 黒千石のフロンランタンの中身(拡大)

きのとや 黒千石のフロランタンとは?

「きのとや」は札幌に本店を構える洋菓子店で、地元でも愛されているお店です。

最近では、きのとやの「焼き立てチーズタルト」が大人気。
新千歳空港では長い行列が耐えません。

「焼き立てチーズタルトBAKE」という名前で全国に出店も相次いでいます。

その「きのとや」から発売されているお菓子、「黒千石のフロランタン」。

フロランタンとは、クッキー生地にキャラメルでコーティングしたナッツ類をのせて焼き上げてつくる糖菓で、フランス菓子です。

黒千石のフロランタンは、北海道産の黒千石をキャラメルで包み、カリッと焼き上げたお菓子。
北海道産のフレッシュな生クリームがたっぷりと使用されています。

「黒千石」とは黒大豆の種類です。

普通の黄大豆に比べて、健康に良いアントシアニンや機能性ポリフェノールが多く含まれており、栄誉化が高く、免疫バランスの調整効果にも注目されている食材ですよ。

きのとや 黒千石のフロランタンを食べてみての感想

黒千石をイメージしている黒い包装のパッケージが目を引きます。
箱を開けると、個包装されているのは金色の袋。高級感がありますね。

黒千石のフロランタンの上には、アーモンドと黒大豆(黒千石)がびっしりとのっていて、見た目のインパクトがとてもあります。

黒千石に艶があるのは、キャラメルでコーティングされているからですね。

一口頂いてみると、黒千石の豆の香ばしさとキャラメルの甘みが口の中に広がりました。
優しいまろやかさは、北海道産の生クリームをたっぷりと使っているからでしょうか。

フロンランタンは洋菓子ですが、黒大豆(黒千石)の豆の香ばしさは、和菓子のような雰囲気もあります。

食べたあとには、黒千石の香ばしい後味が残ります。
豆そのものの味が、コーティングされているキャラメルと混ざってより美味しく感じられました。

黒千石の黒い豆がたくさんのっている見た目のインパクトがあり、洋と和がうまく融合した美味しいお菓子でした。

きのとや 黒千石のフロランタンの価格と種類

紹介しているのは、8枚入りのパッケージでしたが、黒千石のフロランタンには、他にも1枚、5枚入り、16枚入りのものがあります。

  • 1枚…86円
  • 5枚入り…453円
  • 8枚入り…799円
  • 16枚入り…1,598円

きのとや 黒千石のフロランタンを購入できる場所

  • きのとやの各店舗(大丸札幌店、丸井今井札幌店にも取扱いあり)
  • 新千歳空港
  • きのとやのオンラインショップ
スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名きのとや 黒千石のフロランタン
内容量1個入り5個入り8個入り16個入り
製造者株式会社 きのとや
製造者住所札幌市東区東苗穂5条3丁目7-36
原材料水飴)砂糖トレハロースバターアーモンド黒大豆生クリーム
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限50日
保存方法直射日光、高温多湿を避け涼しい場所で保存してください
箱の大きさ横 11.5cm × 奥行き 27.8cm × 高さ 3cm
名産地北海道
販売場所新千歳空港輪厚PA大丸札幌店丸井今井札幌本店
おみやげの種類フロランタン
価格帯1,000円以内2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。