金萬堂本舗(尾道) 広島の島から レモン畑のレモンバターケーキ

レモンバターケーキ広島の島から 外装
レモンバターケーキ広島の島から 外装レモンバターケーキ広島の島から 開封レモンバターケーキ広島の島から 中身

広島の島から レモン畑のレモンバターケーキについて

広島の島から レモン畑のレモンバターケーキ(以下、レモンバターケーキ)は、広島県尾道市の金萬堂本舗(きんまんどう ほんぽ)が製造・販売。

現在の尾道市は複数の自治体が合併して広域化しています。

南部のしまなみ海道が通る因島(旧 因島市)や生口島(旧 瀬戸田町)などの島嶼部も現在は尾道市の一部です。

島嶼部では柑橘類の栽培が盛ん。

特に近年尾道市は、国内の収穫量が最多であるレモンのPRに力を入れており、いろんな会社がレモンを使った菓子を開発しています。

1916年(大正5年)創業の老舗和菓子店である金萬堂本舗もレモンの菓子を多数製造。

多くの会社が販売しているレモンケーキも、金萬堂本舗で製造されています。

バタークリームを使ってアレンジして誕生したレモンケーキが、「広島の島から レモン畑のレモンバターケーキ」、通称レモンバターケーキなのです。

レモンバターケーキは、地元・尾道の瀬戸田地区産のブランドレモン「エコレモン」の果皮・果肉をふんだんに使っています。

このレモンバターケーキが開発されたのは、実はお客さんの声がきっかけ。

以前より販売されている金萬堂本舗のレモンケーキは、賞味期限が短い上、チョコレート使用のため温かい中にいるとチョコ部分が溶けてしまう性質があります。

そこで、それを補った商品の販売を希望する声をもとに新商品の開発が行われ、「広島の島から レモン畑のレモンバターケーキ」が誕生したそうです。

広島の島から レモン畑のレモンバターケーキを食べた感想

大きさは一辺が約5.5cm、厚さが約2.5cm。

薄黄色の生地で、端の方には茶色の焼け目があります。

台型の2つのケーキの間にレモンバタークリームを挟んだケーキ。

袋を開けた瞬間に感じるのは、レモンの酸っぱい香りです。

食べると、生地はシットリ感もありながらもフワフワと柔らか。

サンドされたバタークリームは甘さ控えめであっさりしています。

細切れのレモンの果皮が入っており、それを食べるとレモン特有の強めの酸味とさわやかな香りがダイレクトに伝わります。

食べ終えた後は、レモンの風味とやや強めの酸味の余韻が残り、爽やかな印象です。

酸味が苦手な人は食べづらいと感じるかもしれません。

広島の島から レモン畑のレモンバターケーキの購入ついて

レモンバターケーキは、尾道本通商店街にある金萬堂本舗の店舗で購入可能です。

そのほか、広島県内を中心としたJR各駅の一部土産物売場等でも取り扱いがあります。

レモンバターケーキの入数・価格を下記の通り。

1個133円 (税込)
8個入1,182円 (税込)

なお、尾道市に近い岡山市にも同名の金萬堂本舗がありますが、別の会社です。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名金萬堂本舗(尾道) 広島の島から レモン畑のレモンバターケーキ
内容量1個入り8個入り
製造者金萬堂本舗
製造者住所広島県尾道市土堂2丁目6-4
原材料小麦粉砂糖、乳等を主原料とする食品(バター50%以上配合)、ショートニング、バニラフィリング(ショートニング、水飴、還元水飴、砂糖、その他)、レモン加工品(砂糖、レモン(尾道市瀬戸田産))、レモン果汁(尾道市瀬戸田産レモン)、レモンピール(レモン(瀬戸内産)、砂糖、還元水飴)、洋酒、レモン(尾道市瀬戸田産)、水飴ソルビトールトレハロース膨張剤V.C香料(乳由来)乳化剤酒精グリセリンエステル酸味料(クエン酸)酸化防止剤(V.E)着色料(カロテン)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限1ヶ月
保存方法直射日光を避けて25℃以下で保存
箱の大きさ横 24cm × 奥行き 19.7cm × 高さ 5,2cm
名産地広島県尾道
販売場所福山駅広島駅岡山駅JR尾道駅
おみやげの種類ケーキスイーツ
価格帯1,000円以内2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。