広栄堂武田 きなこきびだんご

きなこきびだんご外装写真
きなこきびだんご外装写真きなこきびだんご開封した写真きなこきびだんご中身の写真

広栄堂武田 きなこきびだんごについて

元祖きびだんごを販売する広栄堂武田は1856年創業の老舗。
きびだんごが世に広まったのは明治時代になってからですが、創業した1856年から「きびだんご」は作られていました。
当時の備前岡山藩主からも味を認められ、商標使用の許可ももらえたそうです。

きびだんごを作るうえで大切な火加減や練り上げの時間は門外不出。
そのようなこだわりのきびだんごに、きな粉をまぶしたのがこの「きなこきびだんご」です。

広栄堂武田 きなこきびだんごを食べた感想

箱を開けると中からは紙に包まれたきびだんごが目に飛び込んできます。
包装紙を広げて食べられるので、テーブルの上を汚す心配があまりないのはうれしいですね。

オーソドックスなきびだんごに比べて、きな粉がかかっているぶん、粘り気が少なくなり、あっさりとしています。
あまりのどは渇きませんが、やはりお茶といっしょの方がよりおいしくいただけると思います。

子どもからお年寄りまで多くの人に親しまれる味ですね。

広栄堂武田のきびだんご一覧

広栄堂武田のきびだんごは数種類販売されています。
ここでは2017年4月の時点でOMIYA!で紹介しているものをまとめておきますね。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名広栄堂武田 きなこきびだんご
内容量10個入り
製造者株式会社 広栄堂武田
製造者住所岡山市中区中納言町7-33
原材料砂糖、麦芽糖、トレハロース、澱粉、乳化剤、水あめ、酵素(大豆由来)、もち粉(もち米〔国産〕)、きび粉(きび〔国産〕)、きな粉(大豆〔国産〕)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約14日
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存
箱の大きさ横 9.5cm × 奥行き 11.5cm × 高さ 5cm
名産地岡山県
販売場所岡山空港岡山駅倉敷駅福山SA蒜山高原SA吉備SA大佐SAイオンモール岡山さんすて岡山天満屋倉敷店天満屋岡山店
おみやげの種類和菓子和三盆
価格帯1,000円以内