金萬

評価★★★★★4
クチコミ2
金萬外装
金萬外装金萬開封後金萬中身

金萬とは

金萬(きんまん)は、卵が入った白あんを、はちみつ入りの薄皮で包み込んだ素朴な和菓子です。
じつはこのお菓子、秋田県民で知らない人はいないだろうというぐらい、県内では有名な存在。

その理由は、個性的なCMにあります。
数バージョンあるものの、昔から決めセリフは必ず「28個、食べました!」と決まっているのです。

秋田県民に金萬の話題を振ってみれば、必ず「28個」という数字を出してくる人がいるはず。
それほど美味しくて止まらないという意味合いなのでしょうが、なぜ「28個」なのかはわかりません…。

金萬の歴史と由来

株式会社金萬の創業は昭和28年。実に60年以上の歴史があります。
創業者はもともと食堂や喫茶店を経営していた大内正見氏。

当時東京で流行っていた、カステラ生地に白あんを包んだ「都まんじゅう」が原型となりました。

都まんじゅうはその後、型の開発によって全国に広まるのですが、地域によってさまざまな名前がつけられてこんにちに至っています。

当時、秋田駅前の商店街は「金座街」と呼ばれており、石見氏はそこでまんじゅうを売り始めました。

そこから「金座街のまんじゅう」が名前の由来となって「金萬」になったと言われています。

金萬を食べてみて

秋田県民の私にとって、金萬は小さい頃から慣れ親しんだ味です。
見た目は小ぶりで、大判焼きを小さくしたような雰囲気があります。

シンプルな材料で、なんとも素朴で昔なつかしい味わい。
卵とはちみつの優しく上品な甘さが、いつ食べても飽きることがありません。

県内の人にも、県外の人にも自信をもっておすすめできるおみやげだと思います。

金萬の種類について

金萬には焼きたての生タイプと、日持ちする真空パックタイプがあります。
生タイプの消費期限は3日、真空パックタイプは7日間となっており、都合に合わせて選ぶことができます。

生タイプはふわふわ、もちもちしていて、断然美味しさが違うのでおすすめです。
都合上真空パックしか買えないという場合、電子レンジで温めて食べることでさらに美味しさがアップしますよ。

通常10個単位で箱詰めされて売られていますが、秋田駅前で直接販売している3店舗では、焼き立てを1個から購入することも可能です。
焼き立ての美味しさはまた格別ですので、都合が合うときにはぜひ味わってみてください。

【真空パック】

  • 10個入り:648円
  • 20個入り:1,296円
  • 30個入り:1,944円

【生タイプ】

  • 10個入り:648円
  • 20個入り:1,296円
  • 30個入り:1,944円
  • 40個入り:2,592円
  • 50個入り:3,240円
スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名金萬
内容量10個入り20個入り30個入り40個入り50個入り
製造者(株)金萬
製造者住所秋田県秋田市東通1丁目2-16
原材料小麦粉砂糖はちみつ保存料(ソルビン酸K)白あんベーキングパウダー
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限7日間
保存方法直射日光や高温多湿の場所は避けて保存して下さい。
箱の大きさ横 12.7cm × 奥行き 29cm × 高さ 2.5cm
名産地秋田県
販売場所秋田空港大館能代空港秋田駅田沢湖駅秋田ふるさと村
おみやげの種類饅頭和菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内4,000円以内5,000円以内5,000円超

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。