金かりん

金かりん外装写真
金かりん外装写真金かりん開封した写真金かりん中身の写真

金かりんについて

金かりんは国内産の小麦粉を練り、自然発酵させたあとに菜種油で揚げた金閣寺限定のお菓子です。
金ごまをたっぷりと使用していて、香ばしい味わいです。

金かりんを手がけるのは1884年創業の老舗、豆政。
豆を使った和菓子を多くつくっていて、夷川五色豆やクリーム五色豆は特に人気です。

京都市のあらゆる観光地で豆政のお菓子は売られていて、試食をできる機会も多いですよ。

金かりんを食べた感想

メインの味はかりんとうの香ばしさ。
さらに金ごまのかおりと砂糖の甘さがマッチしていて、塩気も少し感じます。
シンプルな味ですが、次々と手が伸びていきます。

カリカリっとした食感とぷちぷちっとしたごまの食感も楽しめます。
手でさわると少しべたつくので、おしぼりなどを用意して食べるといいですね。

甘すぎることもないので、多くの人に親しまれる味だと思いますよ。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名金かりん
内容量100g以内
製造者株式会社 豆政
製造者住所京都市中京区夷川通柳馬場西入
原材料小麦粉(国内産)砂糖植物油脂金ごま水飴食塩酵母
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約60日
保存方法直射日光、高温多湿を避け冷暗所にて保存
箱の大きさ横 8.7cm × 奥行き 17cm × 高さ 4.6cm
名産地京都府
販売場所金閣寺
おみやげの種類かりんとう和菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。