木村家本店 あん入り人形焼

木村屋本店 あん入り人形焼 外装
木村屋本店 あん入り人形焼 外装木村屋本店 あん入り人形焼 開封後木村屋本店 あん入り人形焼 中身

木村家本店 あん入り人形焼とは

毎日たくさんの観光客で賑わう東京名所、浅草。

雷門で有名な浅草寺周辺にある仲見世通りには、東京みやげ「人形焼」のお店が多数あります。

人形焼はもとは日本橋人形町が発祥とされるお菓子です。

人形町で修行した職人が浅草で始めたものは、雷門や五重塔など浅草の名所をモチーフとし、「名所焼」という名で販売されていたんだそう。

現在では”人形焼”の名前に戻り、浅草名物として知られていますね。

今回紹介するのは、浅草寺本堂近くに店を構える元祖人形焼「木村家本店」です。

木村屋本店 店舗

木村家本店は創業明治元年と、浅草でもっとも古い人形焼のお店。

初代が浅草の名所にちなんで考案した「五重の塔・雷様・提灯・鳩」の4つの型で焼き上げられます。

実際に店頭で焼いているところが見られ、焼きたてを買うこともできますよ。

今回は、おみやげ用のおしゃれな観音絵箱4個入りを購入しました。

賞味期限は常温で7日間です。

あん入り人形焼のほかに、あん無しの人形焼もあります。

木村家本店 あん入り人形焼の入り数と値段

  • 8個入り(袋) 600円
  • 16個入り(袋) 1,200円
  • 4個入り(観音絵箱) 500円
  • 8個入り(観音絵箱) 1,000円
  • 10個入り(箱) 800円
  • 14個入り(箱) 1,200円
  • 22個入り(箱) 1,800円
  • 28個入り(箱) 2,300円
  • 36個入り(箱) 2,900円
  • 46個入り(箱) 3,700円
  • 56個入り(箱) 4,300円

価格はすべて税込です。

木村家本店 あん入り人形焼を食べてみた感想

雷門がデザインされた楕円形の箱をあけると、個性あふれる4つの形の人形焼が。

提灯は片面が「仲見世」、もう片面にお店の名前が描かれています。雷様の裏側にもお店の名前。凝ったつくりの型ですね。

木村屋本店 あん入り人形焼 裏面

生地はむっちりと弾力のある食感で、なかなか個性的。

こしあんもしっかりとかためで小豆の風味豊かです。このあんがすごくおいしい!

生地よりもあんの比率が高く、温かいお茶に合いそうな甘めの味わいですよ。

木村屋本店 あん入り人形焼 断面

今回は買った2日後にいただいたので、噛みごたえのある人形焼という印象でした。

焼きたてだと香ばしくてまたおいしいんだろうなぁ。次はぜひ焼きたてをその場でいただいてみたいです。

袋入り・箱入りもありますが、観音絵箱はいちばん浅草らしくおみやげ向きですね。

こういった可愛らしいパッケージの人形焼はあまり見かけないので、おしゃれな浅草みやげを探している方におすすめですよ。

7日間日持ちしますが、本来の味を楽しむために「早めに食べた方がおいしいよ」と一言添えるといいと思います。

なお、同じ仲見世通りに「元祖木村家人形焼本舗」というお店があります。名前は似ていますが、木村家本店とは別のお店なのでご注意ください。

OMIYA!では、元祖木村家人形焼本舗の人形焼も紹介しています。

木村家本店 人形焼を購入できる場所と通販の方法

浅草仲見世通りにある、木村家本店の店舗で購入できます。

FAXまたは電話でお取り寄せもできますよ。

詳しくは木村家本店公式ホームページをご覧ください。

浅草人形焼を食べ比べてみました

浅草の名店5店舗の人形焼を同時に食べ比べてみました。浅草へ行かれる際の参考にぜひどうぞ。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名木村家本店 あん入り人形焼
内容量4個入り8個入り10個入り14個入り22個入り28個入り36個入り46個入り56個入り
製造者人形焼 木村家本店 (有)あさくさ未希
製造者住所東京都台東区浅草2-3-1
原材料砂糖小麦粉小豆はちみつ食塩寒天植物油重曹乳化剤酸化防止剤(V.E)(原材料の一部に大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限7日間
保存方法直射日光、高温多湿は避けて常温で保存して下さい。
箱の大きさ横 9cm × 奥行き 15cm × 高さ 4.3cm
名産地東京都浅草
販売場所浅草寺周辺
おみやげの種類人形焼き
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内4,000円以内5,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。