銀座木村屋總本店 酒種あんぱん ふじりんご

評価★★★★★5
クチコミ1
銀座木村屋總本店 酒種あんぱん ふじりんご 外装
銀座木村屋總本店 酒種あんぱん ふじりんご 外装銀座木村屋總本店 酒種あんぱん ふじりんご 開封した写真銀座木村屋總本店 酒種あんぱん ふじりんご 中身の写真

銀座木村屋總本店 酒種あんぱん ふじりんごとは?

明治2年創業の木村屋總本店。
木村屋は日本ではじめて「あんぱん」を作ったことで有名です。

銀座の木村屋と言えば「あんぱん」。
わたしは銀座へ行くときには必ず立ち寄ってあんぱんを買い求めます。

あんぱんの元祖ということで、木村屋には数多くのあんぱんのラインアップがあるんですよ。

今回はその中から、季節限定のあんぱん「酒種あんぱん ふじりんご」をご紹介します。

木村屋が100年以上大切に受け継いできた酒種を使って作られたパン。

その中には青森県津軽産のふじりんごのシロップ漬けと白餡、バターを混ぜたものが入っています。

りんごと白餡、バターという意外な組み合わせに驚くかも知れません。ところが、実際に食べるてみるとりんごと白餡は合うんです。

りんごのシャキッとした食感と白餡の甘味、バターのコクが楽しめる珍しいあんぱんです。

酒種(さかだね)あんぱんとは?

木村屋のあんぱんの特徴でもある「酒種あんぱん」と一般的なパンとはどう違うのか?

それはパンの発酵に用いられる酵母の違いです。

一般的なパンは「イースト菌」が使われているのですが、木村屋の酒種あんぱんに使われているのは「酒種」と言われるもの。

酒種は米、麹、水から作られた発酵種です。

木村屋では100年以上もこの発酵種を受け継ぎ、おいしいあんぱん作りを続けています。

酒種は日本酒を製造する時の発酵源としても使われているので、それを使ったパンは日本酒のような風味を持っているんです。

風味豊かなパンは酒種が生み出していたのですね。

銀座木村屋總本店 酒種あんぱん ふじりんごを食べた感想

しっとりとした「酒種あんぱん ふじりんご」は小ぶりなあんぱん。あんぱんの上にはシロップ漬けのりんごがひと切れのっています。

あんぱんの生地は少しパサッとした軽い食感です。

一口食べただけではこれといった感想を持たなかったのですが、口の中でじっくりと味わっているとおいしさがじわっと溢れ出てきました。

ほんのりと甘いパン生地。
噛めば噛むほど甘さが増していくようです。

甘さの中に、独特の風味も感じられます。
普通のパンとは違った風味は酒種生地だからなのでしょうか。

中に入っているふじりんごも独特。

一見りんごが入っているだけのようですが、よく見るとりんごと一緒に白餡も入っているんです。

口に入れるとりんごの爽やかな酸味と甘味が広がります。りんごのシャキッとした食感も心地良いですよ。

そしてその中にねっとりとした白餡の甘味が混ざり合います。

りんごのパンとあんぱんを同時に食べているような不思議な感覚なんですが、この組み合わせが結構おいしです。

銀座木村屋總本店 酒種あんぱん ふじりんごが買える場所

銀座木村屋總本店 酒種あんぱん ふじりんごは、銀座木村屋總本店の各店舗で購入できます。

銀座本店では取扱いがないそうです。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名銀座木村屋總本店 酒種あんぱん ふじりんご
内容量5個入り
製造者株式会社 木村屋總本店 KH
製造者住所東京都中央区銀座4-5-7
原材料酢酸(Na)、りんご餡(りんごシラップ漬け、白餡、バター)、小麦粉砂糖、りんごシラップ漬け、酒種、ブドウ糖バター食塩加工でん粉酸味料酸化防止剤(V.C)乳酸CapH調整剤グリシン、(原材料の一部に卵、小麦、乳成分、大豆、りんごを含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限製造日より常温で5日間
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存してください。
箱の大きさ横 18.0cm × 奥行き 5.5cm × 高さ 23.3cm
名産地東京都
販売場所東京国際空港(羽田空港)大丸東京店伊勢丹府中店伊勢丹新宿本店伊勢丹浦和店京王百貨店聖蹟桜ヶ丘店京王百貨店新宿店松屋浅草松屋銀座松坂屋上野店銀座三越日本橋三越本店小田急百貨店町田店小田急百貨店新宿店西武池袋本店そごう横浜店髙島屋日本橋店髙島屋玉川店髙島屋横浜店東武百貨店池袋店
おみやげの種類パン
価格帯2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。