木本戎堂 村雀

木本戎堂 村雀 外装
木本戎堂 村雀 外装木本戎堂 村雀 開封木本戎堂 村雀 中身

村雀について

村雀(むらすずめ)は、岡山県倉敷市の中心部にある観光スポット・倉敷美観地区にある木本戎堂(きもと えびすどう)という和菓子店が販売する饅頭菓子です。

木本戎堂は明治時代に創業し、100年以上の歴史がある老舗。

白壁の町並で有名な倉敷川畔地区の北側、「本通」と呼ばれている町家が並ぶ通りに店舗があります。

趣ある外観・店内は、老舗の歴史を感じさせるもの。

そんな木本戎堂の創業当時からの看板商品が、「ぼっこう饅頭」とこの「村雀」です。

今も保存料不使用の手作りで製造されています。

むらすずめは倉敷銘菓で、倉敷周辺では各社が販売していますが、木本戎堂のむらすずめは、商品名の正式名称が漢字表記になっていて印象的です。

むらすずめは、明治初期に生まれたといわれ、小麦粉と卵をといて伸ばして薄く焼いた生地の上に粒あんを乗せ、半分に折って包んだ菓子。

生地の表面に気泡による多数の穴があるのが特徴です。

かつて倉敷周辺では、夏にイグサの編み笠を被って豊作祈願の踊りをしていました。

その姿が稲に群がる雀のように見えることから、「群雀(むらすずめ)」と呼ばれるように。

菓子の見た目がこのイグサの編み笠に似ているのが、むらすずめの名前の由来です。

しかし、木本戎堂のむらすずめの漢字表記は「村雀」で、漢字が異なるのが特徴となっています。

漢字表記、しかも違う字を使っているというだけで、特別な感じがします。

箱も歴史を感じさせるレトロな雰囲気です。

村雀を食べた感想

大きさは、幅が約6cm、長さ約10cm、高さ約2.5cm。

きれいな半円状の形をしています。
他社製品と比較すると、生地の色がかなり薄いです。

一般的なむらすずめは黄色っぽい色ですが、木本戎堂のものは白に近い色。

生成色(薄黄色がかった白色)に近い感じです。

生地もかなり薄く、個人的には全むらすずめの中では最薄ではないかと思いました。

かなり薄いので強めに触ると皮が破れてしまうほど繊細。

また、中の餡がうっすら透けて見えています。

添加物・保存料等不使用で、真空パック等もしていないので日持ちしません。

箱の中に手で並べているだけの上、生地が柔らかいので、持ち運びの際の衝撃や重みで型崩れ・生地の破れなどが発生するかもしれません。

それだけ手作りでやさしく作られているのです。

食べてみると、生地が薄いのでフワフワ感はありませんが、食感はしっとりとしていてしなやかです。

中の粒あんは甘さ控えめで、くどくありません。

さっぱりとした後に引かないちょうどよい甘さ。また、瑞々しさを感じるしっとりとした舌触り。

それでいて小豆の粒の皮の食感も確かに感じられ、皮を噛んだときのシャキっとした食感が小気味よいアクセントとなっています。

後口がスッキリとした甘さなので、ついついもうひとつに手が伸びてしまいます。

すべてのむらすずめの中で、木本戎堂のものは手作り感が一番感じられました。

村雀の購入について

村雀は、倉敷市の倉敷美観地区・本通にある木本戎堂の店舗で購入できます。

持ち帰りの際は、箱の内部で商品が固定されていないため、振動による型崩れや生地の破れにご注意ください。

入数・価格は下記の通りです。

1個 100円 (税込)
5個入550円 (税込)
8個入950円 (税込)
10個入1,150 円 (税込)
15個入1,700円 (税込)
20個入2,200円 (税込)
30個入3,300円 (税込)
スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名木本戎堂 村雀
内容量1個入り5個入り8個入り10個入り15個入り20個入り30個入り
製造者木本戎堂
製造者住所岡山県倉敷市阿知2丁目23-8
原材料砂糖小豆小麦粉還元水飴
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限夏季2日、冬期3日
保存方法直射日光・高温多湿の場所を避ける
箱の大きさ横 12.8cm × 奥行き 21.8cm × 高さ 3.7cm
名産地岡山県倉敷
販売場所倉敷美観地区
おみやげの種類和生菓子和菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内4,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。