本家菊屋 御城之口餅

御城之口餅 外観
御城之口餅 外観御城之口餅 開封御城之口餅 中身

本家菊屋 御城之口餅とは

菊屋の初代、治兵衛が豊臣秀吉の兄、秀長に命じられ、秀吉をもてなすために作られたお菓子。
たいそう気に入った秀吉はこのお菓子を「鶯餅」と名付けました。

諸説ありますが、現在鶯餅として全国で売られている原型ともいわれています。
その後、お店がお城の入り口で売っていることから、現在の「御城之口餅」という名前が付きました。

400年以上の歴史をもつ奈良の銘菓です。

6個入り、15個入り、20個入り、30個入り、40個入り、63個入りと用途に合わせて選べるのも嬉しいですね。

本家菊屋 御城之口餅を食べてみて

箱を開けると可愛らしいお餅たちが6個ならんででてきます。
御城之口餅は小ぶりなひとくちサイズのお餅にきな粉をまぶしたお菓子。

うすいお餅の中にはにずっしりのつぶあんがはいっています。
がつん、とコクがあるあんこです。
小さい見た目以上にボリューム感があります。

お餅は甘めでもちっと、いうよりもとろっとした食感。
きな粉は青大豆が使われていてとても香りが良いです。

歴史好きな方のお土産としても喜ばれそうです。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名本家菊屋 御城之口餅
内容量6個入り15個入り20個入り30個入り40個入り63個入り
製造者本家 菊屋
製造者住所奈良県大和郡山市柳1-11
原材料砂糖小豆餅米(国内産)水飴、青大豆、寒天ばれいしょ澱粉トレハロース
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限2日間
保存方法25℃以下で保存
箱の大きさ横 4.2cm × 奥行き 22.5cm × 高さ 3.4cm
名産地京都府奈良県
販売場所近鉄百貨店奈良店日本橋三越本店髙島屋京都店
おみやげの種類和菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。