橘香堂 むらすゞめ

評価★★★★★4.5
クチコミ4
橘香堂 むらすゞめ外装
橘香堂 むらすゞめ外装橘香堂 むらすゞめ開封後橘香堂 むらすゞめ中身

橘香堂 むらすゞめとは

むらすゞめ(むらすずめ)は、岡山県倉敷市で有名なおみやげです。
販売する店舗によって表記に違いがありますが、橘香堂の場合は「むらすゞめ」で登録商標されています。

明治10年当時の倉敷市長が、「豊作を祈願して踊る人々の姿が、豊かに実った稲穂にすずめが群がって舞っているようだ」と名付けました。

橘香堂のむらすゞめの販売開始は明治10年で、なんと130年以上もの歴史があります。
クレープのように焼いた皮でつぶあんを包み、餃子のように丸めた形は、豊作を祈願する豊年踊りでかぶる編み笠を模したもの。

独特の気泡や生地の色味も米や稲穂を連想させ、かつて江戸の天領として備中米が集まり蔵が立ち並んでいた倉敷の風景にふさわしいものとなっています。

外皮には毎日生みたての卵と特別ブレンドの小麦粉、中のあんには粒を吟味した北海道産小豆と、厳選された素材を使用。職人がひとつずつ手焼きし、明治から続く伝統の味を守り続けています。

橘香堂は倉敷市内に8店舗を展開しており、本店では喫茶コーナーを併設。
さらに美観地区店では、むらすゞめの手焼き体験も行っていますよ。

橘香堂 むらすゞめを食べてみて

見た目は大きめの餃子のよう。皮にひだがよっていることと、気泡がたくさん空いているのが特徴です。

ホットケーキのような焼き色がついた面を内側にし、気泡のある面をわざと外側にしているんですね。
そのことが通常のまんじゅうやどら焼きとは違う、独特の食感を生み出しています。

中には大きなつぶあんがたっぷりと詰まっています。
味わいはとても素朴で、小豆の味と食感がしっかりと感じられました。

職人の手でていねいに作られた倉敷銘菓を、ぜひ試してみてください。

橘香堂 むらすゞめの種類と値段

  • 単品:140円
  • 4個入り:650円
  • 8個入り:1,300円
  • 12個入り:1,900円
  • 16個入り:2,500円
  • 24個入り:3,600円

橘香堂 むらすゞめが買える場所

  • 岡山駅
  • 岡山空港
  • 福山SA(下り)/吉備SA(下り)/道口PA(上り・下り)/鴻ノ池SA(下り)
  • 高島屋(岡山/東京/大阪/ジェイアール名古屋)
  • 天満屋(岡山/倉敷店/岡山空港ショップ)
  • 三越(銀座/多摩センター/広島/名古屋栄/名古屋星が丘/千葉/仙台/松山/高松)
  • 橘香堂(岡山県内8店舗有り)
  • 井筒屋(小倉/山口)
  • 倉敷アイビースクエア
  • 倉敷国際ホテル
  • 橘香堂オンラインショップ
スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名橘香堂 むらすゞめ
内容量1個入り4個入り8個入り12個入り16個入り24個入り
製造者(株)橘香堂
製造者住所岡山県倉敷市八王寺町138
原材料小麦粉砂糖還元水飴麦芽糖トレハロース膨張剤小豆粉末寒天着色料(黄4)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限2週間
保存方法直射日光・高温多湿をお避けください。
箱の大きさ横 7.9cm × 奥行き 25cm × 高さ 3.4cm
名産地岡山県
販売場所岡山空港福山駅岡山駅新倉敷駅JR児島駅倉敷駅JR高松駅福山SA吉備SA道口PA名鉄百貨店本店三越千葉店銀座三越星ヶ丘三越松山三越名古屋栄三越仙台三越髙島屋柏店髙島屋京都店ジェイアール名古屋タカシマヤ高島屋大阪店髙島屋堺店天満屋倉敷店天満屋岡山店倉敷美観地区
おみやげの種類和生菓子和菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内4,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。