加島屋 さけ茶漬

加島屋さけ茶漬け 外装
加島屋さけ茶漬け 外装加島屋さけ茶漬け 開封した写真加島屋さけ茶漬け 中身の写真

加島屋 さけ茶漬とは

加島屋の本店は、新潟の中心にある古町(ふるまち)エリアにあります。

加島屋は、新潟に流れる信濃川や阿賀野川で取れる鮭や鱒を干したり塩漬けに加工したりするお店として1855年に創業しました。

時が流れ明治20年ごろからは、日常のお惣菜として加工した鮭や筋子などを商品にしています。

この「さけ茶漬」は加島屋の看板商品。さけ茶漬は昭和30年代の即席ブームが起こっている中で昔ながらの手作りの味を届けたいの思いから生まれました。

脂の乗ったキングサーモンを漬け込み、丁寧に焼き上げてほぐした「さけ茶漬」。

温かいご飯に乗せたり、おにぎりに入れたりするのにぴったりです。

加島屋 さけ茶漬を食べた感想

ごはんに「さけ茶漬」を乗せながら、さけフレークだなあと思いました。

炊きたてのごはんといっしょに一口食べると、まるでついさっき焼いた鮭を食べているような印象を受けました。

鮭のおいしさがそのままで、脂のうまみと甘味、それと少し強い塩気がごはんに抜群に合います。

質感はしっとり、ふわふわ。

口の中でごはんと合わさったときの旨味は、普段食べている鮭フレークから群を抜いています。

お米のおいしさを引き立てていて、ごはんを一粒も残したくないと思いましたよ。

濃紺と白が印象的な加島屋の袋を持つ人を見て、お母さんやそれ以上の世代の方へのおみやげとして人気なんだなあ、と新潟で高校生をしていたころに感じていました。

今でも東京の街で同じように加島屋の袋を持つ人を見かけては、広く愛されている商品なんだと感じます。

決して安価ではないので、ここぞというときに持っていきたい一品です。

加島屋 さけ茶漬が売っている場所

新潟の本店のほか、新潟県内や全国の百貨店にある店舗にて購入することができます。

詳しいお店は公式サイトをご確認ください。

また、公式オンラインショップのほか各百貨店のオンラインショップでも取り扱いがあります。

今回購入したのは一番大きなビンに200g入っているものです。ほかにも中ビン(140g)、小ビン(100g)、袋入り(100g)がありますよ。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名加島屋 さけ茶漬
内容量100g以内101〜200g
製造者株式会社加島屋
製造者住所新潟県新潟市中央区東堀前通8番地1367
原材料キングサーモン、焼酎食塩、昆布・鰹節エキスパウダー、醤油(遺伝子組換えをしていない大豆を原料とした醤油を使用しております)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限3週間ほど
保存方法要冷蔵(5℃以下)。冷蔵庫で保存し、賞味期限内にお召し上がりください。
箱の大きさ横 7.6cm × 奥行き 7.6cm × 高さ 10cm
名産地新潟県新潟
販売場所新潟空港新潟駅新潟ふるさと村新潟伊勢丹新潟三越新潟ふるさと村
おみやげの種類魚介加工品
価格帯3,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。