紋蔵庵 川越ポテト

川越ポテト 外装
川越ポテト 外装川越ポテト 開封後川越ポテト 中身

紋蔵庵 川越ポテトとは

埼玉県川越といえば、「小江戸川越」と呼ばれ、蔵造りの街並みが人気の観光スポット。

江戸時代からさつまいもの生産が盛んだったこともあり、さつまいもを使ったお菓子が数多くあります。

さつまいものおいしさを表す「九里(栗)よりうまい十三里」という言葉は、江戸から川越までの距離が十三里(約52km)あることに由来しているんだとか。

そんな川越の芋菓子を代表する商品のひとつが、「お菓子の紋蔵庵(もんぞうあん)」が作るスイートポテト「川越ポテト」です。

紋蔵庵は、川越に本店をおく老舗和菓子店。さつまいもあんを入れたかりんとう饅頭「つばさかりん」も有名ですね。

川越ポテトは、その時期に一番おいしい国産のさつまいもを厳選して選びぬき、おいも本来のおいしさを引き出すように作られた一品。

さつまいもらしいホクホクとした食感を楽しめますよ。

姉妹品としてチョコレート味の「川越ポテトショコラ」も販売されています。

今回購入したのは6個入りの箱。店頭ではバラで1個から購入でき、箱入りはほかに8個・12個・16個・20個入りがあります。

「川越ポテト」と「川越ポテトショコラ」、好きな数を選んで詰め合わせもお願いできますよ。

紋蔵庵 川越ポテトを食べてみた感想

直径4センチ、高さ4.5センチほどの円柱形をしたスイートポテト。まわりの紙カップをはがしていただきます。

口当たりはしっとりほっくり、とってもソフト。

中にさつまいもの粒々が入っていて、その食感や風味からしっかりとおいもを感じることができますよ。

おいもの優しい甘さとバターの風味が素朴でほっとするおいしさ。

ほのかにブランデーが香りますが、アルコールはとんでいるので子どもでも大丈夫そうです。

白あんの材料となる大手亡豆が使われており、和風のスイートポテトといった味わい。

コーヒーや紅茶だけでなく、日本茶との相性もいいですね。

こっくり甘め、おやつにはひとつでちょうどよいサイズ感でした。

さつまいものおいしさを堪能できる、川越らしいお菓子。小江戸川越を観光した際のおみやげにぜひどうぞ。

紋蔵庵 川越ポテトを購入できる場所

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名紋蔵庵 川越ポテト
内容量1個入り6個入り8個入り12個入り16個入り20個入り
製造者(有)亀屋紋蔵
製造者住所埼玉県川越市古谷上3788−1
原材料さつま芋大手亡豆砂糖バター卵黄ブランデー植物油脂脱脂粉乳乳蛋白調味料(アミノ酸等)乳化剤香料pH調整剤メタリン酸Na増粘多糖類着色料(黄色4号)、(原材料の一部に大豆・サケを含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限10日
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存
箱の大きさ横 12.3cm × 奥行き 18.4cm × 高さ 4.5cm
名産地埼玉県川越
おみやげの種類スイートポテト
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内4,000円以内5,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。