叶 匠壽庵 あも(桜)

叶 匠壽庵 あも(桜) 外装
叶 匠壽庵 あも(桜) 外装叶 匠壽庵 あも(桜) 開封した写真叶 匠壽庵 あも(桜) 中身の写真

叶 匠壽庵 あも(桜)とは?

昭和33年創業の叶 匠壽庵を代表する銘菓「あも」。

「あも」とは一体どういう意味なのでしょうか。

はじめてこの名前を聞いた時、どんな意味があるのか全く想像できませんでした。

実は「あも」とは女房言葉のひとつで、「餅」のことなんです。

昔、宮仕えをしていた上級女官を「女房」と呼んでいました。

彼女たちの女らしさを表した言葉が「女房言葉」だったんです。

「あも」が生まれたのは昭和46年。

柔らかなお餅を粒あんで棒状に包み混んだお菓子です。

一見羊羹のようですが、切ると中からは四角いお餅の断面が現れます。

角のある四角い「あも」は、他のお菓子にはあまりない独特の雰囲気を醸し出しているんですよ。

今回ご紹介するのは、春限定の「あも(桜)」。

香り高い大島桜の塩漬葉を練り込んだお餅を、小豆で包み込んだ一品。

こだわりの小豆・丹波春日大納言小豆のおいしさと一緒に味わってみてください。

  • 1棹:1,296円

叶 匠壽庵 あも(桜)を食べた感想

春限定の「あも(桜)」。
満開の桜の花が描かれた箱を開けて、
「あも」を取り出します。

丹波春日大納言を使った「あも(桜)」は、
一見普通の「あも」と同じようですが、香りが違うんです。

ほのかに香る桜のいい香り。
その香りをかぐと春の訪れを感じますね。

桜の香りは本当に心地よくて、幸せな気持ちにさせてくれるので大好きです。

ナイフを入れて「あも」を切り分けると、その断面にはたくさんの小豆が現れます。
大納言小豆だけあって、大粒でとってもおいしそう。

丹波春日大納言は大きな粒で食感は抜群。
ほどよい甘さで、ほくほくとした小豆はとってもおいしいです。

中に入っているお餅はとてもやわらかでなめらかな口当たり。唇に触れた瞬間のぷるんとした触感がたまりません。

ほのかに香る桜の香りが「あも」のおいしさをさらに引き上げていますよ。

叶 匠壽庵の看板商品だけあって、クオリティは抜群!自信を持っておすすめできる一品です。

叶 匠壽庵 あも(桜)が買える場所

叶 匠壽庵 あも(桜)は、叶 匠壽庵の各店舗オンラインショップで購入できます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名叶 匠壽庵 あも(桜)
内容量301〜400g
製造者株式会社 叶 匠壽庵
製造者住所滋賀県大津市大石龍門4丁目2番1号
原材料砂糖小豆糯米水飴でん粉寒天桜葉塩漬食塩野菜色素加工でん粉酵素(原材料の一部に大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限26日
保存方法直射日光・高温多湿を避け保存してください。
箱の大きさ横 6.5cm × 奥行き 18.7cm × 高さ 3.4cm
名産地滋賀県大津
販売場所大丸芦屋店大丸福岡天神店大丸東京店遠鉄百貨店藤崎本店福屋八丁堀本店グランデュオ蒲田博多阪急川西阪急西宮阪急堺北花田阪急千里阪急宝塚阪急都筑阪急阪急うめだ本店伊勢丹府中店伊勢丹松戸店伊勢丹新宿本店伊勢丹浦和店岩田屋本店京王百貨店新宿店あべのハルカス近鉄本店近鉄百貨店奈良店近鉄百貨店上本町店近鉄百貨店四日市店松屋銀座松坂屋名古屋店松坂屋静岡店松坂屋豊田店名鉄百貨店本店札幌三越仙台三越小田急百貨店町田店西武池袋本店西武大津店西武所沢店そごう千葉店そごう川口店そごう神戸店高島屋岐阜店いよてつ高島屋髙島屋柏店髙島屋港南台店髙島屋京都店ジェイアール名古屋タカシマヤ髙島屋日本橋店髙島屋岡山店髙島屋大宮店高島屋大阪店髙島屋堺店髙島屋泉北店高島屋新宿店髙島屋立川店高島屋高崎店髙島屋玉川店髙島屋横浜店東武百貨店船橋店東武百貨店池袋店東急百貨店吉祥寺店東急百貨店渋谷本店鶴屋百貨店ヤマトヤシキ姫路店
おみやげの種類和生菓子
価格帯2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。