完熟アップルマンゴープリン

完熟アップルマンゴープリン-外装写真
完熟アップルマンゴープリン-外装写真完熟アップルマンゴープリン-開封した写真完熟アップルマンゴープリン-中身の写真

完熟アップルマンゴープリンについて

完熟アップルマンゴーとは

アップルマンゴーは、熟すと果皮が真っ赤になる品種のマンゴーの総称で、こってりとした甘さとほどよい酸味が特徴です。

宮崎県のアップルマンゴーは、木から自然に落下するまで完熟させることで、より甘みが増したマンゴーに仕上がっています。

完熟アップルマンゴープリンはこんなスイーツ

完熟アップルマンゴープリンは、ゼリーとプリンの2層に分かれていて、ゼリーのほうにマンゴーの果実がゴロッと入っています。

見た目にも美しいスイーツですね。

完熟アップルマンゴープリンを食べた感想とおすすめポイント

宮崎県の果物といえば、完熟アップルマンゴーを連想する人も多いのではないでしょうか。

しかし、アップルマンゴーは気軽に手を出せない高価な果物。気温や衝撃など、持ち運びにも気を使ってしまいそうです。

その点、完熟アップルマンゴープリンなら、常温で持ち運べるうえ、職場などでも配りやすいですよ。
お土産として手軽なものといえるでしょう。

小さなスプーンが入っているので、洗い物を出さずに食べることもできます。
外箱は段ボール素材になっており、たくさんの荷物と一緒にカバンに入れても型崩れしにくいのもうれしいところです。

完熟アップルマンゴープリンは、ゼリーとプリンが両方好きで、どちらを買おうか迷ってしまう人にもおすすめ。
涼やかなゼリーととろけるプリンは、別々に食べても、一緒に口に入れてもおいしいですよ。

完熟アップルマンゴープリンをひっくり返して食べるには?

写真3枚目(中身の写真)のように、お皿にひっくり返して盛り付ける方法をご紹介します。

空気を入れるために折るツメは底についていないのですが、完熟アップルマンゴープリンはツメなしでもカップからキレイに出すことができますよ。

まず、ふたのフィルムをはがしたら、カップの側面を指ではさみ、グニグニッと十字に2回ずつぐらい押してカップとプリンの間をはがします。

お皿をカップの上に伏せて乗せ、押さえたままひっくり返すと、カップからプルンとプリンがお皿の上に落ちてきますよ。

何度もグニグニ押しすぎるとプリン部分が崩れますので、2~3回ずつで十分です。
カップから出ると、ゼリー部分がプリン部分からすべり落ちやすいので、食べる場所に持ってきてからそろりと出しましょう。

完熟アップルマンゴープリンの値段と通販について

価格

  • 6個入り:1,029円(税込)

通信販売

今のところ通信販売は行っていないようです。(2018年7月現在)

実際に訪れなければ入手できないお土産なので、宮崎旅行の際にはチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名完熟アップルマンゴープリン
内容量6個入り
販売者宮交ショップアンドレストラン 株式会社MY
販売者住所宮崎県宮崎市中村東2-8-12
原材料砂糖、マンゴー果肉、脱脂粉乳植物油脂乳糖乳蛋白ゲル化剤(増粘多糖類)酸味料香料、着色料(カロチン色素、パプリカ色素)、pH調整剤乳化剤(原材料の一部に大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約5か月(外箱に賞味期限日付シールあり)
保存方法直射日光を避け、常温で保存してください。開封後はできるだけお早くお召し上がりください。
箱の大きさ横 20.5cm × 奥行き 15.5cm × 高さ 6.5cm
名産地宮崎県
販売場所宮崎空港
おみやげの種類フルーツゼリープリン
価格帯2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。