亀屋良永 木賊煎餅

木賊煎餅 外観
木賊煎餅 外観木賊煎餅 開封木賊煎餅 中身

亀屋良永 木賊煎餅とは

亀屋良永は1832年創業の伝統ある老舗。
今回紹介するのは、代表銘菓御池煎餅に並ぶ人気商品、「木賊煎餅」です。

木賊(とくさ)とは、生花などによく用いられる植物のこと。
お煎餅の表面に焼印が押してあるのが木賊の形です。

亀屋良永 木賊煎餅を食べてみて

箱を開けると味噌の香ばしい香りが漂います。
一枚一枚丁寧に「木賊煎餅」と書かれた紙に包まれ、思わずじっと眺めてしまう美しさ。

木賊煎餅は直径15cmと大きめです。
そのままかぶりついてもよし、割って食べるもよし。
バリバリと硬めの食感と香ばしい味噌味なのですが、どこか優しさを感じる不思議なお煎餅です。

麩焼きのおせんべいなので、食べるときは飛び散りやすいので要注意。
甘さはほとんどないので、甘いものが苦手な方にもおすすめできるお土産になると思います。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名亀屋良永 木賊煎餅
内容量6個入り
製造者亀屋良永
製造者住所京都市中京区寺町通御池下ル 下本能寺前町504
原材料米粉(国産米)、砂糖、味噌(大豆)、でん粉調味料(アミノ酸等)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限30日間
保存方法常温
箱の大きさ横 11.5cm × 奥行き 11.5cm × 高さ 7.5cm
名産地京都府
販売場所京都駅
おみやげの種類せんべい和菓子
価格帯2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。