亀屋 初雁霰(はつかりあられ)

亀屋 初雁霰 外装
亀屋 初雁霰 外装亀屋 初雁霰 開封後亀屋 初雁霰 中身

亀屋 初雁霰とは

埼玉県川越といえば、”小江戸”と呼ばれ、蔵造りの街並みが人気の観光スポット。

江戸時代からさつまいもの生産が盛んだったこともあり、さつまいもを使ったお菓子が数多くあります。

おいものおいしさを表す言葉「九里(栗)よりうまい十三里」は、江戸から川越までの距離が十三里(約52km)あることに由来しているんだとか。

そんな川越の芋菓子を代表する商品のひとつが、おいもの揚げ菓子「初雁霰(はつかりあられ)」です。

亀屋は川越に本店を構える老舗和菓子店。1783年創業と、240年余りの歴史があります。

この初雁霰は芋せんべい「初雁焼」、芋甘納豆「初雁糖」とならぶ亀屋の定番芋菓子ですよ。

短冊に切ったさつまいもを油で揚げ、糖蜜を付けて乾かして作られています。いわゆる”芋けんぴ”と呼ばれるお菓子ですね。

名前は川越城の別名である「初雁城」にちなんでいます。

1袋に130g入りで、価格は450円(税別)。

色違いの袋で用意されている「初雁焼」「初雁糖」とセットでおみやげにするのも素敵ですね。

亀屋 初雁霰を食べてみた感想

袋をあけると広がる、甘く芳ばしい香り。

やや堅めで、カリッポリッと歯切れのよい食感です。

お砂糖とおいもの甘さに揚げ菓子特有のコクが加わり、一度食べ出すと止まらない~。

気づけば一袋なくなっていた、なんてことも平気で起こりそうなおいしさです。

初雁焼初雁糖はひとつをじっくりと味わうタイプでしたが、この初雁霰は歯ごたえが心地よく、ついついたくさん食べてしまいますね。

もちろんじっくりと噛みしめれば、さつまいもの風味を存分に感じることができますよ。

食べやすいスティック状で万人受けする味。日持ちもするので、ちょっとしたお茶菓子に用意しておくと便利です。

パッケージが簡易的な袋しかないのが少しもったいないですね。

小分けパックが入った箱タイプなど、手みやげにしやすいパッケージもあるとよりいいなと思いました。

亀屋 初雁霰を購入できる場所

OMIYA!で紹介しているほかの亀屋商品一覧

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名亀屋 初雁霰(はつかりあられ)
内容量101〜200g
製造者株式会社 亀屋 KM
製造者住所埼玉県川越市仲町4-3
原材料さつま芋砂糖植物油脂オリゴ糖
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限製造日より約120日
保存方法直射日光・高温多湿をさけて下さい。
箱の大きさ横 15.4cm × 奥行き 22cm × 高さ 4cm
名産地埼玉県川越
販売場所川越駅丸広百貨店日高店丸広百貨店東松山店丸広百貨店入間店丸広百貨店川越店そごう大宮店髙島屋大宮店
おみやげの種類和菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。