江戸金 亀の甲せんべい

亀の甲せんべい外装写真
亀の甲せんべい外装写真亀の甲せんべい開封した写真亀の甲せんべい中身の写真

亀の甲せんべいについて

亀の甲せんべいは原材料(砂糖、小麦粉、卵、ゴマ、ケシの実)を見てもわかるように、とてもシンプルなおせんべい。
創業以来レシピは変更しておらず、昔ながらの味を守っています。

亀の甲せんべいを手がける江戸金は1862年山口県下関市で創業した老舗です。

「山口県のお店なのに、なぜ江戸?」と思うかもしれませんが、創業者が江戸で生まれ、「江戸の金さん」と呼ばれていたことが由来とのこと。

今では、お饅頭や最中などの和菓子を中心に洋風の焼き菓子も販売していますよ。

亀の甲せんべいを食べた感想

ぱりぱりっとしていて、香ばしいですが、思っていたよりも砂糖と卵の甘みを感じます。
かめばかむほど優しい甘みを感じられ、おいしくいただくことができました。

大きめのサイズなので、一ついただくと満足感はありますね。
お茶といっしょにいただいたところ、どこか懐かしく、ほっとする時間を過ごせました。

枚数のバリエーションが豊富なので、いろんなシチュエーションで使えるのもうれしいですね。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名江戸金 亀の甲せんべい
内容量5個入り6個入り8個入り12個入り18個入り24個入り36個入り
製造者株式会社 江戸金
製造者住所山口県下関市卸新町7-3
原材料砂糖小麦粉ごまけしの実
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約75日
保存方法直射日光、高温多湿の場所を避けて保存
箱の大きさ横 17.5cm × 奥行き 11.5cm × 高さ 8cm
名産地山口県
販売場所小倉駅JR下関駅
おみやげの種類せんべい
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内4,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。