開運堂 モカロール

開運堂 モカロール 外装
開運堂 モカロール 外装開運堂 モカロール 開封した写真開運堂 モカロール 中身の写真

開運堂 モカロールについて

開運堂は、長野県松本市に本店を構えるお菓子屋さん。
明治17年から菓子業に取り組み、創業131年という長い歴史を持つお店でもあります。

信州ならではのお菓子づくりに力を入れており、地産地消にもこだわっているそう。
和菓子から洋菓子にいたるまで、幅広くお菓子作りをしています。

「モカロール」もまた、開運堂で人気の西洋菓子のひとつ。
開運堂伝統の洋菓子でもあるナッツロールと、肩を並べるほど人気のお菓子なんだとか。

モカスポンジで作られたロールケーキの中には、モカクリームを贅沢にサンド!
こちらのモカクリームは極上のフレッシュバターを使用しているので、コクのあるクリームに仕上がっています。
外側から内側まで、余すところなくモカづくしのロールケーキと言えますね。

ちょっぴり大人な味わいなので、甘いものがあまり得意ではない方にもおすすめ。
どこかレトロ感のある箱もオシャレで可愛らしいですね。
ちょっとした手土産としても喜ばれそうな外装と、中身のボリュームが魅力的です。

箱の中にはロールケーキが1本まるまる入っているので、好きなサイズに切り分けて食べることができますよ。
自分で食べる量を調整できるのも嬉しいですね。

開運堂 モカロールを食べた感想

開封しただけでも、ふわっとモカの香りが漂ってきました。
ナッツロールの見た目はいかにも西洋といった感じですが、モカロールはどこまでも落ち着いた印象を与えるロールケーキ。
この飾らないシンプルさに、むしろそそられてしまいました。

生地はふんわりとしていて、巻き方もまるでモカクリームを優しく包み込んでいるかのよう。
フォークを入れると、ふわっとした生地の弾力でちょっぴりフォークが押し戻されるほどでした。

ほろ苦さのあるモカスポンジと、コク深い甘さのモカクリームがまた良く合います。
甘さ控えめなので、ついつい次の一切れに手が伸びてしまいそうになるロールケーキでしたよ。

こってりした甘さが好みならナッツロール、大人な甘さが好みならモカロールといった具合に、好みに合わせて選んでみるのも良いでしょう。

ちなみに、開運堂のお菓子は、OMIYA!でもたくさん紹介していますよ。
参考:開運堂のお菓子をほぼ全種類食べた感想・通販サイトの使い方まとめ【完全ガイド】

開運堂 モカロールの価格

  • 1本入り 1,036円

開運堂 モカロールを買える場所

その他、開運堂オンラインショップでも購入できます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名開運堂 モカロール
内容量1個入り
製造者(株)開運堂
製造者住所長野県松本市中央2-2-15
原材料鶏卵、砂糖、小麦粉、牛乳、バター、葛粉、コーヒーエキス、洋酒、卵黄粉末、加糖卵黄、コーヒー粉末、コーンスターチ、ソルビトール、乳化剤、クロレラエキス、膨張剤、香料
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限7日
保存方法15℃以下で保存してください
箱の大きさ横 8.6cm × 奥行き 18.8cm × 高さ 7.5cm
名産地長野県松本
販売場所松本空港長野駅松本駅井上百貨店井上百貨店アイシティ21名古屋栄三越日本橋三越本店
おみやげの種類ケーキ
価格帯2,000円以内