加賀志きし うちわ煎餅

加賀志きし うちわ煎餅 外装
加賀志きし うちわ煎餅 外装加賀志きし うちわ煎餅 開封した写真加賀志きし うちわ煎餅 中身の写真

加賀志きし うちわ煎餅について

石川県金沢市にお店をかまえる加藤晧陽堂は、伝統的な和菓子づくりに力を入れているお店。
お店の代表作でもある「加賀志きし」は、お煎餅の一枚一枚に色を塗り、絵をつけていくという職人技が光るお菓子です。

今回ご紹介するのは、加賀志きしの中でも特に人気の「うちわ煎餅」。
煎餅自体がうちわの形をしており、それぞれ異なる絵柄が描かれています。

うちわ煎餅も、すべて職人の手作業というこだわりっぷり!
小さくても、本物のうちわさながらのクオリティです。

煎餅に描かれている絵柄は、夏の花鳥風月をイメージしているそう。
手のひらサイズの煎餅に込められた風流さに、思わず感嘆の息が漏れてしまいます。

絵は自然乾燥で仕上げていることもあり、夏場の注文は混み合うこともあるそうです。
夏の贈り物として考えている場合は、余裕を持って注文しておくと良いでしょう。

優美ながらも、柔らかな口当たりが魅力的なうちわ煎餅。
視覚的にも楽しめるので、おみやげにぴったりの品です。
日本らしい繊細なつくりは、海外の方にも評判が良さそうですね。

加賀志きし うちわ煎餅を食べた感想

お煎餅のサイズは、ちょうど手のひらに乗るほど。
うちわの持ち手部分がつまようじになっているので、手を汚すことなく食べることができます。

あまりにも美しい見た目をしているので、食べるのがもったいないぐらいですね。
煎餅の表面にすり蜜が引かれているためか、ひとくち食べると優しい甘さが口いっぱいに広がります。

和三盆糖を使っているので、口どけもなめらか。
奥ゆかしい味わいなのに、不思議とクセになります。
柔らかな食感とほんのりした甘さが印象的なお煎餅でした。

加賀志きし うちわ煎餅の価格

  • 8枚入り 918円
  • 12枚入り 1,404円
  • 24枚入り 2,578円

加賀志きし うちわ煎餅を買える場所

  • 加藤晧陽堂 本店
  • 金沢駅百番街

ほか、金沢市内のアピタやジャスコでも購入できます。
加藤晧陽堂のオンラインショップでも販売していますよ。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名加賀志きし うちわ煎餅
内容量8個入り12個入り24個入り
製造者(株)加藤晧陽堂
製造者住所石川県金沢市二口町94-1
原材料卵白もち米(国産)桂皮末和三盆白双糖、着色料(赤106号、黄4号、青1号)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限90日
保存方法直射日光、高温多湿を避けて常温で保存してください
箱の大きさ横 22.5cm × 奥行き 28.5cm × 高さ 3cm
名産地石川県金沢
販売場所金沢駅
おみやげの種類せんべい
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。