田中花正堂 磯乃羊羹

磯乃羊羹 外装
磯乃羊羹 外装磯乃羊羹 開封磯乃羊羹 中身

磯乃羊羹について

磯乃羊羹(いそのようかん)は、岡山県倉敷市の和菓子店・田中花正堂(たなか はなまさどう)が製造・販売しています。

同市児島(こじま)エリアにある下津井(しもつい)地区に立地しており、創業は1910年(明治43年)。

100年以上の歴史がある老舗です。

下津井は瀬戸大橋の真下に位置する古くから栄えた港町。

かつては四国への玄関口、物資の集散地、また漁港として繁栄を極めましたが、現在は静かな漁港となりました。

そんな漁業の町らしく、青海苔とミネラル天然水を使った羊羹が磯乃羊羹で、創業時から同店の看板商品です。

製造は昔ながらの製法を継承。

店主の方の話では、できるまで7日間ほど要するそうです。

そのため製造数が限られ、売れ切れてしまうことも。

磯乃羊羹を食べた感想

見た目は、透明感のある鮮やかなエメラルドグリーン。

とても美しく、まるで宝石のよう。

中に深緑の点々があり、これが青海苔です。

鼻を近づけると青海苔の磯の香りがほんのりとしてきます。

長い1本の状態なので、包丁で食べやすいサイズに切り分けて食べます。

なおバラ売りとセット売りで少しサイズが異なるそうです。

歯触りはしっかりした印象。

噛みしめた直後に羊羹の甘さと、ほんのりと塩味を感じる青海苔の風味が口の中に広がります。

甘さはまろやかで、後に引きません。

意外にも青海苔の風味とよく合います。

そして、飲み込むと青海苔の良い香りが鼻孔をかすめます。

開封後、しばらく置くと表面の糖分が固くなって、噛んだときにシャリシャリという独特の食感が得られるんですよ。

中はしっとりのままで、外側と中身の食感のハーモニーが楽しめますので、おすすめです。

磯乃羊羹の購入について

磯乃羊羹は、田中花正堂の店舗で購入可能。

先に述べた通り、製造に時間がかかるため販売数に限りがあります。

店主の方によれば、確実に購入したい場合は、数日前に予約するのがおすすめとのこと。

ほかに、天満屋岡山店、イオンモール岡山5階のおばあちゃんの台所、鷲羽ハイランドホテルなどでも販売。

なお、田中花正堂のホームページや、インターネットショップの47CLUBでもお取り寄せが可能です。

磯乃羊羹の入数・価格は下記の通り。

1本648円 (税込)
2本入1,296円 (税込)
3本入1,840円 (税込)
5本入2,460円 (税込)
スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名田中花正堂 磯乃羊羹
内容量1個入り2個入り3個入り5個入り
製造者田中花正堂
製造者住所岡山県倉敷市下津井吹上2丁目4-36
原材料砂糖いんげん豆青海苔粉寒天、着色料(黄色4、青色1)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約4ヶ月
保存方法日光、高温多湿を避け、冷蔵庫で保存
箱の大きさ横 5.7cm × 奥行き 21.3cm × 高さ 2.7cm
名産地岡山県児島
販売場所天満屋岡山店
おみやげの種類和菓子羊羹・水羊羹
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。