いしかわ自慢 甘えび煎餅

いしかわ自慢 甘えび煎餅 外装
いしかわ自慢 甘えび煎餅 外装いしかわ自慢 甘えび煎餅 開封した写真いしかわ自慢 甘えび煎餅 中身の写真

いしかわ自慢 甘えび煎餅とは?

石川県・輪島、金沢、橋立の各漁港で水揚げされた石川県産の甘えび、そして同じく石川県のこしひかりを使って作られたお煎餅です。

「甘えび」はよく聞く名前ですが、もともとは「ホッコクアカエビ」という名前が標準和名。

「甘えび」とはもともと石川県での呼び名だったのですが、今では全国的に「甘えび」という名前で知られるようになりました。

水深200〜600mほどの深海に住む海老で、石川県では底引き網漁という方法で水揚げされることが多いです。

透き通った身は甘くておいしいですよね。

甘えびの濃厚なおいしさを楽しめる「いしかわ自慢 甘えび煎餅」は、薄くパリッとした食感。

濃厚な旨みがクセになる味です。
おやつにもお酒のアテにもピッタリ。

小さく日持ちもするので、職場などへのお土産にもどうぞ。

商品ラインナップは以下の3つです。

  • 10枚入り:486円
  • 18枚入り:648円
  • 30枚入り:1,080円

いしかわ自慢 甘えび煎餅を食べた感想

甘えびの鮮やかな赤をイメージさせるパッケージ。

甘えびが描かれたイラストはシンメトリーに近いデザインで、キリッと引き締まるような感じがします。

「いしかわ自慢 甘えび煎餅」は1枚1枚個別包装されていて、いつでもパリッとしたお煎餅が食べられるのも嬉しいですね。

そのパッケージも華やかで、鮮やかな赤から白へのグラデーションがとても美しいんです。

袋を破った瞬間、エビの香ばしい香りがあふれ出し食欲を刺激します。

薄いお煎餅の表面には亀甲模様。
エビの香りが食欲を刺激し続けます。

パリッ

軽快な音を立ててお煎餅を口の中に。
じわっとあふれ出すエビの濃厚な旨み。

こんなに薄いお煎餅なのに、想像をはるかに超える旨みがあふれ出してきます。

おやつとしてではなく、ビールのあてにピッタリ!ビール好きにはたまらないお煎餅ですね。

いしかわ自慢 甘えび煎餅が買える場所

いしかわ自慢 甘えび煎餅は、加賀陣屋オンラインショップ金沢駅などで購入することができます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名いしかわ自慢 甘えび煎餅
内容量10個入り18個入り30個入り
製造者販売者:和菓子 加賀陣屋 吉田貴 Y
製造者住所販売者住所:石川県加賀市河南町ヌ-57
原材料米粉(石川県産コシヒカリ)、澱粉、乾燥甘えび(石川県産)、魚介エキスパウダー粉末醤油トレハロース調味料(アミノ酸等)香料膨張剤(原材料の一部に小麦を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限120日
保存方法高温多湿をお避け下さい。
箱の大きさ横 11.6(18個入り)cm × 奥行き 24.0(18個入り)cm × 高さ 4.7(18個入り)cm
名産地石川県加賀
販売場所金沢駅
おみやげの種類せんべい焼き菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。