石田弥 十三夜

石田彌 十三夜外装
石田彌 十三夜外装石田彌 十三夜開封後石田彌 十三夜中身

石田弥 十三夜とは

十三夜は、新潟県上越市にある石田弥菓子店で製造・販売しているお菓子です。

上越市といえば、戦国時代の武将・上杉謙信でおなじみの地。
十三夜という名前は、上杉謙信が能登に遠征した際、ふるさとを想って詠んだ詩に由来しています。

九月十三日夜 上杉謙信

霜は軍営に満ちて秋気清し
数行の過雁 月三更
越山 併せ得たり 能州の景
さもあらばあれ 家郷の遠征を憶ふは

パッケージにも、こちらの詩が記されていますよ。

十三夜は、大納言小豆、卵黄、バターを混ぜた白あんを、ホイルに包んで蒸し焼きにしたもの。
第2回全国和菓子展で名誉最高金賞を受賞しています。

石田弥 十三夜を食べてみて

個包装をひらくと、さらに金色のホイルに包まれたお菓子があらわれます。
蒸してあるため、表面はしっとりと水分を含んでいます。

ほろりと口どけのいい白あんは、バターの香りたっぷり。
さらにところどころに大粒の大納言小豆が入っており、いいアクセントになっています。

見た目は洋風にも思えますが、味わいは昔ながらの饅頭に近いですね。

十三夜は、5個入りで648円(税込)。
石田弥菓子店の店舗および上越妙高駅で購入できます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名石田弥 十三夜
内容量5個入り
製造者石田弥菓子店
製造者住所新潟県上越市中央1-5-1
原材料小麦粉砂糖バター膨張剤大納言
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限1ヶ月
保存方法直射日光・高温多湿をお避けください。
箱の大きさ横 9cm × 奥行き 22.5cm × 高さ 4.5cm
名産地新潟県
販売場所上越妙高駅
おみやげの種類焼き菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。