くらしき美味処 いろはに美味すずめ 白桃クリームすずめ

いろはに美味すずめ 白桃 外装
いろはに美味すずめ 白桃 外装いろはに美味すずめ 白桃 開封いろはに美味すずめ 白桃 中身1

いろはに美味すずめ 白桃クリームすずめついて

いろはに美味すずめ 白桃クリームすずめは、岡山県倉敷市にあるくらしき美味処が販売しています。

倉敷銘菓の「むらすずめ」を独自にアレンジし、中のあんこの代わりに白桃風味のクリームをつつんだお菓子です。

白桃クリームすずめは、「いろはに美味すずめ 」シリーズのひとつ。いろはに美味すずめは幅広い味が用意されており、レギュラー商品や季節限定も含めて約20種もありますよ。

包装には和紙が使われ、おしゃれなデザインとなっています。

むらすずめとは

むらすずめは、倉敷を代表する伝統的銘菓です。

小麦粉と卵をといて丸く伸ばし、薄く焼いた生地の上に粒あんを乗せ、半分に折って包んだもの。

生地の表面に気泡によってできた無数の穴が特徴的ですよ。

元祖は橘高堂といわれ、明治初期に生まれました。

考案したのは、岡山銘菓「調布」と同じ、間野与平という都宇郡生坂村(現在の倉敷市生坂地区)出身の人物です。

倉敷周辺では、夏にイグサの編み笠を被って踊る、豊作祈願の踊りの風習があったといわれます。

その姿が稲に群がる雀のように見えたことから、「群雀(むらすずめ)」とも呼ばれました。

銘菓むらすずめの名前は、菓子の見た目がこのイグサの編み笠に似ていることが由来なのです。

いろはに美味すずめ 白桃クリームすずめの特徴

いろはに美味すずめ 白桃クリームすずめの見た目は、他社がつくるむらすずめと同じです。

薄く焼かれた円状の生地を半分に折っていますよ。

ただし、中に入っているのはあんではなく、白桃クリームです。

大きさは幅は約5.5cm、縦約12.5cm、高さ約3cm。

生地は薄黄色に茶色い焦げ目で、むらすずめ特有の気泡による小さな穴が無数にあります。

個包装を開けた瞬間、白桃の甘いよい香りが漂ってきましたよ。

いろはに美味すずめ 白桃クリームすずめを食べた感想

いろはに美味すずめ 白桃 中身2

皮は薄いものの、他社のむらすずめより少し厚めです。そのためフワッとした柔らかい食感を味わえます。

生地にはほんのりとした甘みもありましたよ。

中に入っている白桃クリームは桃色で、クリームの中に桃の果肉の細切れが混じっています。

クリームの味は、白桃のような甘さの中にやや酸味を感じますね。

果肉を食べるとカリッとした食感がアクセントになると同時に、白桃の甘さをダイレクトに味わえますよ。

とてもフルーティーな風味を楽しめる、新たな感覚のむらすずめです。

冷やして食べてみるとよりフルーティーさが増しました。

いろはに美味すずめ 白桃クリームすずめの購入について

いろはに美味すずめ 白桃クリームすずめは、倉敷美観地区内にある土産物店「倉敷いろはに小路」で販売されていますよ。

価格は、1個200円(税込)。

バラ売りのほか、5個入と10個入りの箱入りがあり、箱入りはほかの味と自由に組み合わせることも可能です(ただし、箱代が追加になります)。

ほかに一部のインターネット通販ショップで取り扱いがありますよ。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名くらしき美味処 いろはに美味すずめ 白桃クリームすずめ
内容量1個入り5個入り10個入り
製造者くらしき美味処 和果葉デザイン
製造者住所岡山県倉敷市中島1068-22-105
原材料砂糖小麦粉水飴、植物、油脂麦芽糖全粉乳乳蛋白加糖卵黄澱粉洋酒卵白加工品、卵黄加工品、加工澱粉ソルビトール酸味料香料増粘多糖類保存料(ソルビン酸)紅麹色素リン酸塩(Na)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約1週間
保存方法直射日光を避け、常温にて保存
箱の大きさ横 26cm × 奥行き 18cm × 高さ 4cm
名産地岡山県倉敷
販売場所倉敷美観地区
おみやげの種類和菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。