ポテトファーム いも太とまめ次郎

ポテトファーム いも太とまめ次郎外装
ポテトファーム いも太とまめ次郎外装ポテトファーム いも太とまめ次郎開封後ポテトファーム いも太とまめ次郎中身

ポテトファーム いも太とまめ次郎とは

いも太とまめ次郎は、北海道ならではの素材で作った、北海道限定販売のお菓子。

ポテトチップスでおなじみのカルビーの、北海道産素材にこだわったブランド「ポテトファーム」が製造しています。

北海道産のじゃがいもをじっくり低温で揚げ、歯ごたえを出したポテトチップスは、ほんのりしょうゆ味。
もちろん、北海道産の丸大豆しょうゆを使用していますよ。

そこに、十勝産の枝豆のフリーズドライをあわせ、サクサク感をプラスしています。

海の恵みと畑の恵みという組み合わせは、北海道ならでは。
ふたつの素材の食感が楽しく、しょうゆの香り・枝豆のうまみがやみつきになりますよ。

ポテトファームとは

ポテトファーム いも子とこぶ太郎ポテトファームについて

ポテトファームは、じゃがポックルじゃがピリカが有名なブランド。

ブランド名からもわかるとおり、じゃがいもを主役にしたお菓子が多いですよ。

可愛らしい商品名やパッケージ、北海道らしい味わいなどから、お土産用のお菓子としても人気があります。

ポテトファーム いも太とまめ次郎の賞味期限

賞味期限は、製造日から4ヶ月。

食べきりサイズの個包装になっているため、比較的日持ちは長めですね。

持ち運びしやすく、バラで渡すお土産としても便利です。

ポテトファーム いも太とまめ次郎のカロリー

ポテトファーム いも太とまめ次郎成分表

いも太とまめ次郎のカロリーは、1袋15g当たり71kcal。

ポテトチップスをひとたび開封すると、ついつい食べすぎてしまう…というときは、こんな小袋タイプを選ぶと安心ですね。

ポテトファーム いも太とまめ次郎のネーミングやパッケージについて

じつを言うと、ネーミングとパッケージの可愛らしさから購入しました。

「いも太」と「まめ次郎」にそれぞれ顔がついていて、「いも太」の場合は、チップスの折れた部分がまるで前髪のよう。
ふたりは仲のよい友達なのでしょうか。

ちなみに、姉妹商品として「いも子とこぶ太郎」というお菓子も存在します。

ネーミングにインパクトがあり、パッケージも可愛らしいので、子どもや女性に喜ばれそうです。

ポテトファーム いも太とまめ次郎を食べてみた感想

ポテトファーム いも太とまめ次郎中身アップ

ポテトチップスは、一般的なものよりもひとまわり小さめ。
いわゆる”堅揚げ”タイプに近く、バリボリとしっかりめの歯ごたえです。

噛めば噛むほどしょうゆの香り高く、旨味も感じられます。
ポテトチップスといえば塩味が多いので、しょうゆ味は新鮮ですね。

フリーズドライの枝豆は、カリッと軽い食感。
味は生の枝豆を食べたときそのもので、なんだか夏っぽさすら感じます。

ポテトチップス×枝豆の組み合わせは、ビールに最高ですね。
子どもはおやつとして、大人はお酒のつまみとして楽しんでみてはいかがでしょうか。

ポテトファーム いも太とまめ次郎の値段

ポテトファーム いも太とまめ次郎は、15g×6袋入りで648円(税込)です。

ポテトファーム いも太とまめ次郎が買える場所・通販について

北海道のお土産店を中心に購入できます。

新千歳空港内のお土産売り場でも販売しているのを見かけましたよ。

通販の場合、ポテトファームのオンラインショップはなく、カルビーのオンラインショップでは取扱いがありません。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名ポテトファーム いも太とまめ次郎
内容量6個入り
製造者カルビー株式会社
製造者住所東京都千代田区丸の内1-8-3
原材料じゃがいも(遺伝子組換えでない)植物油、えだ豆(大豆(遺伝子組換えでない)(北海道十勝産100%))、粉末しょうゆ(小麦を含む)(北海道丸大豆しょうゆ100%使用)、食塩砂糖でん粉調味料(アミノ酸等)香料酸化防止剤(V.C)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限4ヶ月
保存方法高温多湿・直射日光をお避けください。
箱の大きさ横 20.5cm × 奥行き 28cm × 高さ 4cm
名産地北海道
販売場所新千歳空港
おみやげの種類チップス
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。