芋屋金次郎のホワイトチョコがけけんぴを食べてみた!口コミ・販売店・期間についてまとめました

チョコがけけんぴ(ホワイトチョコ) 外装
チョコがけけんぴ(ホワイトチョコ) 外装チョコがけけんぴ(ホワイトチョコ) 開封した写真チョコがけけんぴ(ホワイトチョコ) 中身の写真
おみやの写真について

芋屋金次郎 チョコがけけんぴ(ホワイトチョコ)のデータ

商品名芋屋金次郎 チョコがけけんぴ(ホワイトチョコ)
内容量101〜200g
販売者芋屋金次郎株式会社KS
販売者住所高知県高岡郡日高村本郷716
賞味期限60日
保存方法直射日光をさけ、20℃以下でにおいの移りにくい場所に保存してください。
箱の大きさ横 10.5cm × 奥行き 5.5cm × 高さ 19cm
名産地高知県日高
おみやげの種類チョコレートかりんとう
価格帯1,000円以内

チョコがけけんぴ(ホワイトチョコ)について

高知県のお土産菓子として有名な芋けんぴ。

中でも芋屋金次郎は、日本一の芋けんぴ生産量を誇る澁谷食品から生まれた芋菓子専門店です。

高知県で生まれ育った私にとって、澁谷食品の芋けんぴは幼い頃から慣れ親しんだ故郷の味。
私の母も澁谷食品の芋けんぴがお気に入りです。

芋屋金次郎は、澁谷食品からワンランク上のフレッシュな芋けんぴを提案する専門店として、平成17年にオープンしました。

チョコがけけんぴ(ホワイトチョコ)は、さくっと素揚げした芋けんぴを上質なチョコレートでコーティングした、新感覚の芋けんぴですよ。

使用されているチョコレートは、芋屋金次郎オリジナル配合。
アイボリーコースト産のココアバターと、上質な欧州産の乳原料から作ったホワイトチョコレートです。

芋けんぴとチョコレート両方の美味しさを味わえるように、チョコレートをかける量を均一にしたり、芋けんぴの持ち味であるかりっとした食感を残すために手間暇かけて作られています。

ラインナップは1種類のみとなり、1袋(120g)で500円(税込)。
チョコがけけんぴ(ミルクチョコ)とセットになったアソートバッグもありますよ。

1人で1回で食べきるには多い量ですが、複数人で食べるとあっという間になくなります。

チョコがけけんぴ(ホワイトチョコ)を食べた感想

チョコとさつま芋を組み合わせた珍しいお菓子です。

チョコがけけんぴの存在を初めて耳にしたときは「甘い芋けんぴに甘いチョコレートってどういうこと?」と訝しんでいましたが、そこは芋屋金次郎の芋けんぴ。ちゃんと考えられています。

普通の芋けんぴでは糖蜜がコーティングされていますが、チョコがけけんぴは糖蜜の代わりにチョコレートがコーティングされています。
芋けんぴですが、糖蜜は使用されていません。

チョコレートは均一にコーティングされているため、芋けんぴのカリッとした食感はそのままに、チョコレートの美味しさも芋けんぴの美味しさも両方楽しめます。

芋けんぴにかかっているチョコレートは、やさしい甘さの中にもコクがある美味しさが特徴のホワイトチョコレート。

さつま芋の甘さとはまた違った、ミルキーな甘さが味わえます。

チョコがけけんぴ(ホワイトチョコ)の販売店・販売期間・通販について

チョコレートを使用しているため、毎年10月から5月までの期間限定商品です。

芋屋金次郎公式オンラインショップ芋屋金次郎直営ショップで購入できます。

その他、高知県の観光スポット・はりまや橋近くの「はりま家 京町店」でも販売されています。

おみやで紹介している芋屋金次郎のお菓子一覧