いちじくサブレ

いちじくサブレ_開封した写真いちじくサブレ_中身

いちじくサブレについて

いちじくサブレは、パティシエの辻口博啓さんが生み出した愛知県のお土産。

サブレと聞くと、鳩サブレーのようなサクサクした食感を想像しますが、いちじくサブレはしっとりした生地が特徴です。

なぜいちじくが愛知県のお土産なのか、疑問に思うかもしれません。

実は、愛知県のいちじく生産量は全国1位。安城市や碧南市が主要な産地です。

いちじくを使ったお土産は、ジャムをよく見掛けますが、サブレは珍しいと思い購入しました。

いちじくサブレを食べた感想

いちじくサブレは、いちじくピューレと乾燥いちじくを原材料にしたペーストをサブレ生地で包んであります。

直径4cmの一口サイズで、生地のつややかな表面と、コロンとしたフォルムが可愛らしいですね。

ペーストのねっとりとした食感と、しっとりとした生地のバランスは良く、口の中で溶けていきます。

いちじくの種のツブツブが、アクセントになり、食感が面白いと感じました。

甘味は強すぎず、爽やかな酸味を感じるお菓子です。

いちじくサブレは、三重県菰野町(こものちょう)にあるアクアイグニスで購入。

8個入り980円(税込)で販売されています。

名古屋駅中部国際空港名鉄金山駅道の駅菰野などのほか、オンラインショップでも購入可能です。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名いちじくサブレ
内容量8個入り
製造者株式会社アクアイグニス
製造者住所三重県三重郡菰野町菰野4977-2
原材料小麦粉、いちじくピューレ、乾燥いちじく、砂糖バター乳等を主要原料とする食品水あめ、塩麹、加工黒糖梅酢けしの実酸味料酸化防止剤(V.C)、(原材料の一部に小麦、卵、乳を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限製造日より40日
保存方法高温多湿、直射日光を避けて保存して下さい。
箱の大きさ横 12.0cm × 奥行き 24.0cm × 高さ 4.2cm
名産地愛知県三重県名古屋
販売場所中部国際空港名古屋駅金山駅菰野
おみやげの種類サブレ焼き菓子洋菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。