いぶりがっこちーず「け」

いぶりがっこちーず「け」とは

いぶりがっこちーず「け」
県外の人は、この商品名を見ても「?」となるかもしれませんね。

パッケージの背景に、薄い筆文字で大胆に「け」と書かれているのがわかるでしょうか。
「け」は、秋田弁で3つの意味を持つ言葉です。

ひとつは「お食べください」、もうひとつは「来てください」、さらにもうひとつは「かゆい」
その場に応じて、県民は自然に「け」を使い分けているのです。

このお菓子の場合、「いぶりがっこちーず、お食べください」という意味で「け」が使われていることがわかります。

いぶりがっこは大根をいぶして漬けたもので、「がっこ」が大根の漬物を指します。
いぶりがっこを使ったおみやげは何種類かありますが、チーズと組み合わせたものは初めて見つけました。

もともと、県民の間でも「いぶりがっことクリームチーズはお酒のつまみに合う」という説があります。

かくいう私もその食べ方が大好きですし、いぶりがっことチーズの相性の良さは経験上間違いありません。

いぶりがっこちーず「け」を食べてみて

いぶりがっことチーズの黄色に、えんじ色に近い赤を組み合わせたパッケージは、おみやげ品としてはなかなか珍しい色合いです。

売り場でもパッと目を引きますし、いぶりがっことチーズの素朴なイラストも可愛らしいですね。

封を開けると一気に燻り臭が漂います。
チーズもにおいのあるものなので、なかなか強烈な組み合わせかもしれません。

味はお菓子を食べているというよりも、たくあんのしょっぱさが先に立っていてお酒のつまみのようでした。

まろやかなチーズの味と食感をベースにしながら、細かく刻まれたいぶりがっこがパリパリとアクセントになっています。

大館能代空港および秋田空港では、3個入りが486円、6個入りが1,080円で販売されています。

いぶりがっことチーズの組み合わせが好きな人・気になる人は、ぜひ挑戦してみてください。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名いぶりがっこちーず「け」
内容量3個入り6個入り
製造者株式会社川口屋
製造者住所秋田県秋田市大町一丁目6-20
原材料小麦粉、砂糖、植物油脂、膨張剤、卵、マーガリン、加糖練乳、ナチュラルチーズ、たくあん漬け、うるち粉(秋田県産)、(原材料の一部に乳、小麦、卵、大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限3週間
保存方法直射日光、高温多湿を避けて下さい
箱の大きさ横 12.2cm × 奥行き 24.2cm × 高さ 5cm
名産地秋田県
販売場所秋田空港大館能代空港錦秋湖SA大館能代空港
おみやげの種類洋菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内