茨城県庁芋羊かん

茨城県庁芋羊かん 外装
茨城県庁芋羊かん 外装茨城県庁芋羊かん 開封した写真茨城県庁芋羊かん 中身の写真

茨城県庁芋羊かんとは?

パッケージに描かれた茨城県庁の文字と写真。

県庁を前面に押し出したお菓子は珍しいですよね。

店頭に並ぶ茨城県庁芋羊かんはインパクト大!
特に茨城県庁の写真に目が釘付けに。これは渋い!

なんのためらいもなくすぐに購入しました。

「茨城県庁芋羊かん」はその名の通り芋を使った羊かんです。

使用しているのは茨城県鉾田市産の「紅あずま」。さつまいのの品種の一つで、ほくほくと甘いのが特徴なんですよ。

茨城県の太平洋に面した場所に位置する鉾田市は農業の盛んな町で、メロンやさつまいものなど茨城県を代表する作物の栽培がおこなわれています。

茨城県はさつまいもの収穫量が日本第二位なんですよ。
(農林水産省 平成26年産かんしょの収穫量(全国農業地域別・都道府県別)より)

茨城県庁芋羊かんには着色料、香料、保存料が使用されていないので、さつまいも本来の甘くてホクホクとした味わいが楽しめます。

1本432円です。

*茨城県庁芋羊かんのほかに、茨城県庁メロン羊かんもあります。

茨城県庁には地上100メートルの眺望を楽しめる展望ロビーがある

県庁というとお堅いイメージがありますが、最上階の25階には展望ロビーが設けられています。

茨城県県庁は茨城県で一番高いビル(2018年1月記事執筆時)。

茨城の一番高い場所からは茨城県の豊かな自然を地上100メートルから楽しめますよ。

展望ロビーを訪れた記念に「茨城県庁芋羊かん」を購入されてはいかがでしょうか。

参考:展望ロビーのご利用について

茨城県庁芋羊かんを食べた感想

さつまいもらしい鮮やかな黄土色の羊かん。

羊かんからはさつまいものほんのりとした香りが漂います。その香りは甘さを感じさせる素朴なものです。

羊かんは黒文字(羊羹などを食べる時についている楊枝)で簡単に切れるほど柔らかく、口に入れると溶けていくような感覚を味わえます。

素朴な甘さの羊かんは、しっかりと芋のおいしさを感じられてとてもおいしいです。

ほくほくとした焼きいもを食べているような感じさえ感じさせてくれますよ。

日本茶との相性もバッチリ。
甘味のある羊かんと日本茶の苦みがよく合います。

茨城県庁芋羊かんが買える場所

茨城県庁や茨城空港で購入できます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名茨城県庁芋羊かん
内容量201〜300g
製造者亀印製菓株式会社
製造者住所水戸市見川町2139-5
原材料さつま芋ペースト(茨城県鉾田市産)、砂糖白生餡水飴寒天トレハロース
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約4ヶ月
保存方法直射日光、高温多湿をさけて保存して下さい。
箱の大きさ横 5.5cm × 奥行き 2.8cm × 高さ 19.5cm
名産地茨城県
販売場所茨城空港
おみやげの種類羊羹・水羊羹
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。