日向夏かるかん

日向夏かるかんの概要・歴史

日向夏かるかんは金城堂が販売している、日向夏とかるかんを組み合わせた和菓子です。

金城堂は創業明治13年、130年以上にわたり宮崎の味を伝え続けています。

宮崎県を原産地とする柑橘類の日向夏。
日向夏の特徴は甘みより酸味のほうが強いところで、この日向夏があんに使用されています。

かるかんで日向夏入り白あんを挟んであるのが特徴的です。

*かるかんとは、かるかん粉(米粉)・砂糖・山芋を練り蒸したもの

宮崎県内で日向夏かるかんを購入できる主な場所

日向夏かるかんを食べた感想

食べた率直な感想は、日向夏の餡(あん)がかるかんに挟まっていることが、このお菓子の最大の特徴だなということです。

一口で食べるのは難しいので、どうしても二口以上に。
そうすると食べ方によっては、かるかんと餡を別々に食べてしまうことになります。

端のかるかん→真ん中の餡という具合です。別々ではなく、かるかんと餡を一緒に口に入れて食べるとよいです。日向夏の酸味と香りをより強く体感できますよ!

私がこれでもったいないことをしたので、事前により美味しく食べるコツをお伝えしておきます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名日向夏かるかん
内容量6個入り
製造者(株)金城堂
製造者住所宮崎県宮崎市橘通東2丁目2番1号
原材料砂糖寒天山芋、てぼ飴、日向夏みかん、くちなし、(原材料にやまいもを使用しています)、かるかん粉(九州産、うるち米)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約2週間
保存方法涼所で保存し,早目に召し上りください
箱の大きさ横 14cm × 奥行き 15.8cm × 高さ 3.5cm
名産地宮崎県宮崎
販売場所宮崎空港
おみやげの種類半生菓子かるかん和菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。